上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

乗鞍で出会った花

位ヶ原山荘からずっと自転車を漕いでいくと、夏でも雪が残っている大雪渓が見えてきます。
その辺りは、雪解け水が流れる沢があったり、小規模ながらも可憐な花が咲き揺れているお花畑があったりします。
あまりキョロキョロしながら運転していると、自転車が大きく曲がってガードレールの隙間から落ちてしまいそうになるので要注意です(苦笑)


八ヶ岳と乗鞍 100
ヨツバシオガマ。
道から見上げるようにして撮りました。
4枚に輪生した葉は深く裂け、4個の花が何段にも付くのが特徴です。
高山帯の草地で見ることが出来ます。

八ヶ岳と乗鞍 105
チングルマ。
先月、涸沢カールで出会った時は、真っ白い花を咲かせていたのですが、畳平のお花畑ではもう羽毛状になっていました。
これを見ると、秋なんだなぁと思います。
ふわふわの毛が朝日を浴びたら、本当に綺麗です。
もちろん、触ってしまいます。

八ヶ岳と乗鞍 112
イワギキョウ。
前日の八ヶ岳で出会ったイワギキョウは開花していなかったけれど、ここでは咲いていました!
なのに…ちょっとピントずれ(ゴメンナサイ)


さてさて。
ここで突然ですが、問題です。
《キリンとウサギが一緒に仲良く生活しています。どういうことでしょう?》


正解は…。
こちらの画像から♪
↓ ↓ ↓ ↓
八ヶ岳と乗鞍 111
ミヤマアキノキリンソウとウサギギクが共同生活中。
ヒマワリのような花がウサギギクです。
「花びらがウサギの耳に似ているから」と以前教わった記憶があるのですが、どうやら葉がウサギの耳を思わせる形をしているからこの名前がついたようです。
もうひとつの花は、キリンソウです。
動物のキリンかと思っていたら…、【黄輪草】と漢字で書き、黄色の花が輪状に咲くことから、この名前がついたのです。
だから、ウサギの方が大きいのか!!と変に納得したのでした。
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<涸FES.2008  その1 | HOME | 休日の過ごし方@乗鞍岳>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。