上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

岳沢トレッキング

7月最後の週末、企画イベント「岳沢トレッキング」に同行してきました。
この夏一番!と言えるほどの真っ青な快晴を迎えた当日、参加者は時間前に集合しました。
しっかりとストレッチをして身体をほぐし、出発です。

20140727 (1)
河童橋の上から、穂高を眺めながらこれから向かう岳沢の確認をします。
初めて岳沢へ向かう方ばかりだったので、小さく見える岳沢小屋の場所がイマイチ分かりにくい様子でした。
額に手をかざし目を細めながら、一生懸命小屋を探していました。

この日、松本では猛暑日の予報でした。
こちらもグングン気温が上がり、汗をかきながらの登りになりました。
途中にある、天然クーラー「風穴」で一休みし、上高地や稜線が見えるガレ場でもう一休み。
そして、最後の胸突き八丁と呼ばれる踏ん張りどころで小休止…。
初心者さんにも歩きやすいようペース配分は少しゆっくりめでしたが、暑さと上りのしんどさに足取りの重たくなる方もいらっしゃいました。

20140727 (16)
ちょうどいい頃合いのクガイソウに夢中のマルハナバチの後姿。
忙しそうに蜜を集める姿が見られました。
なんだかとってもがむしゃら…こんな姿にふわっと心が解放されます。

小屋までは、クガイソウやハクサンフウロ、タラノキなどお花が真っ盛りのものも多く、雪解け間もない場所では柔らかな緑がいっぱいでした。

暑いけれど、やっぱり青空の下で山を目指すのは気持ちがいい!
膝を怪我してから遠ざかっていた山歩きが再び出来ることの喜びを、ひとり噛み締めていました。

20140727 (26)
岳沢小屋直下の沢からの眺めです。
眼下には登る前に渡った河童橋が小さく見えます。
乗鞍岳の稜線は雲に覆われて見えませんでしたが、まずまずの見晴らしでした。

いつも見上げている岳沢。
そこからの眺めを、参加者たちはどう思ったのでしょう…。

小屋で少し休憩してから、坂本支配人に案内してもらい、第一お花畑まで歩いてきました。
お花畑…言うには少し早すぎたようで、咲き始めた花がチラホラ見える程度でした。

20140727 (33)
そんな中でも一番目についたのはテガタチドリでした。
ハクサンフウロやヨツバシオガマなどがどんどん咲き始めていたので、もう少ししたらきれいなお花畑になりそうでした。
来年の夏には、タイミングを見計らってお花三昧の岳沢トレッキングもいいなぁと思うのでした。

20140727 (43)
お花畑から少し横にそれて連れて行っていただいたのは、コブ沢の雪渓でした。
ひんやりした空気が辺りに漂い、雪渓の下には溶けたばかりの冷たい水滴が滴っていました。
とても気持ちのいい空間に、みなさん大歓声です。
雪を触ってみたり、冷気に顔を寄せたり、水滴に手を持っていったり…真夏の雪をしっかり楽しみました。

お昼ご飯をみんなで食べ、少し早いですが帰路につきます。
名残惜しく写真を撮ったり振り返ったりしながら、元来た道を下ります。

20140727 (52)
途中で見つけたクロクモソウ。
春先にギザギザ縁の丸型葉っぱに出会ってから、ずっと何だろうと気になっていた植物です。
チョコレート色の花をつけていました。

今回の岳沢で、山歩きが解禁になりました。
勝手に…ですけれど(苦笑)
しばらくはハードな行程ではない、ゆったり山行を楽しみたいと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<青空の下で | HOME | 暑中お見舞い申し上げます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。