上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

跳べ!!

ソチ冬季オリンピックがいよいよ終わりを迎えます。
時差と戦いながら出来る範囲でのテレビ観戦でした。
モーグルから始まって、ハーフパイプやスロープスタイル、ジャンプにフィギュア…4年に1度の選手の熱い想いを垣間見ることが出来ました。

応援するとなればもちろん、日本人にメダルを取ってもらいたいです。
しかし予想通り、期待通りにはそう簡単にはいかないもの。
競技の結果が出るたびに、喜んだりため息が出たり…。

残念ながらあと一歩のところでメダルに届かない競技がありました。
大喜びしている外国人選手のそばで、その健闘を讃える姿や悔しさを前面に出している姿。
そんな姿を見るたびに、やはり「残念だったな」とため息が出てしまします。

そうして気づくこと…。

自分の結果を素直に受け入れ、同じように頑張った選手に対して心からの「おめでとう」を言える心を持っている選手を見て、「残念」としか思えない自分ってなんだろうと。
選手それぞれが、この日のために努力と経験を重ね本番を迎えたのに、日本人選手だけしか応援できない自分ってなんだろう…と。

すごい技術や、ハイレベルな戦いを心から讃えられてこそ、もっとオリンピックが楽しく見られたのになと今更ながら思います。
ダイジェストがあれば、今度は見方を変えて見てみようと思います。
そうすればもっともっとその競技が、たくさんの選手が好きになれると思うから。


20130214 053
先日、モーグルバーンに入ってみたら、コブの硬さにおっかなびっくりでした。
よりハードなコースを、恐ることなく滑って跳ぶ。
選手たちには脱帽です。
ここで練習している選手が、4年後にはオリンピックに出ているかもしれません。

オリンピックが始まって、スキーに対するモチベーションが高くなりました。
スキーを楽しく上手く滑れるために、今日もまた元気にゲレンデに出かけようと思います。


今季で引退をする選手も、未来のオリンピックに向かってこれから頑張るエースたちにも、心からの敬意を表して。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春は名のみの | HOME | 大雪降って>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。