上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

七夕の夜は

今日は8月7日。

旧暦では、今日は七夕の日です。
私の地元では、桃の節句や七夕は旧暦(ひと月遅れ)です。

小さい頃は、山から小ぶりな竹を切ってきてもらって、短冊に願い事を書いてつるし、玄関に飾っていました。
あれだけたくさん書いた願い事は、今となっては全く覚えていませんが(苦笑)
習字で使う半紙で、飾りを作ったりもしました。
そうして、七夕の夜にきれいに飾った笹を川へ流すのです。
家族の健康や願い事がかなうように祈りながら…。

川へ笹を流しに行った帰り道、天の川を探したり、流れ星を見つけようと空を見上げてみたりしました。
家々の明かりが眩しくて、天の川って本当にあるのかなと半信半疑だった記憶があります。
星が降るって本で読んだことはあっても、それは本の中だけの話だと思っていました。
それなりに田舎育ちであっても、近所に家があったり、四方を見渡せる場所が無ければ、満足に星は見えないのです。


月日は流れ、上高地で生活するようになってから、山に登るようになってから、夜空を見上げる機会が増えました。

初めて天の川をはっきり見たときは、「本当にあるんだ」と驚きました。
テントを張って寝ていた時、ふと夜中に目が覚めて外に出たら、満天の星空に覆われているという不思議な感覚も経験しました。
流星群を見るために真夜中に起き出して流れ星をいくつも数えては、明けてくる夜空を見て胸がいっぱいになりました。
星が瞬くってこういうことなんだ。
星明りってこんなに明るいんだ。
…そんなたくさんの発見がありました。


今日は朝からきれいな青空が広がっています。
静かに夜が更けたら、きれいな夜空が見られるかな…と密かに期待しています。
願い事でも唱えながら見上げられたらいいな。


そして、今日は『立秋』です。
暦の上ではもう秋なのですね。
一番最後に夏を迎えたばかりの山の上から、これから少しずつ秋の気配が降りてくるのです。
上高地もほんの少しですがそんな気配が暑さと同居しています。

ススキ1
ススキと梓川の清流

ススキ2
ススキの向こうに見えるのは六百山と霞沢岳

スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<黄色い花で元気になる? | HOME | 猛暑お見舞い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。