上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

山の動物たち

「春はまだか」とブログに書いてから一気に気温が上昇し、春を通り越して夏っぽい日差しが感じられる今日この頃です。
朝は冷え込んで氷点下、翌日下界に下りて30℃越えの真夏日を経験し、気温変化に体がついていけず右往左往している気がします。

そしてブログはとんとご無沙汰…。
「元気でやってるの?」と心配させてしまった友達もいるようで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
元気です。
何より数日前にネット環境がびっくりするほど進化し、近代文明の仲間入り(?)です。
「もっとブログを書きなさい」と声なき電波が飛んできているようで、もう少しきちんと向き合っていきたいと思っています。


上高地は先週よりも今週、昨日よりも今日という具合に、緑が日に日に増えてきています。
ずっと寒さが続きいつまでたっても冬のような風景だったのに、ここ数日で萌黄色がきれいに映えるようになりました。
この景色は、近々お伝えできたらと思います。



今日は、上高地で出会った動物たちを紹介します。
人の少ない春先のシーズン始めは、緑も少なく見通しがいいので動物たちを比較的たやすく見つけることが出来ます。

20130427 091
雪が積もった朝、寒さに耐えながら食べ物を探すサルに出会いました。
木の皮を剥いではそれを食べ、冬を乗り越え生き抜く姿が見られました。
ただ、皮を剥かれた樹が痛々しくも見え、サルの生き様を讃えるべきか、サルの食害と捉えるべきか悩むところでもあります。

20130520 006
雪が溶け、暖かい日差しが照りつける中、親子ザルが食事をしていました。
湿地から生えた植物の根っこや若葉を食べているようです。
人の目を気にすることなく、モグモグ…。
しかしいつも思うのですが…、このもふっとした体毛に一度触れてみたいものです。

20130427 093
背中が蒼く、お腹がオレンジの小さな鳥はルリビタキです。
とても人懐っこく、散歩している近くで遊んでは飛んで行く姿をじっくり見ることが出来ました。
今シーズンはもう少し鳥のことを知りたいと思っています。

20130427 128
上高地ではないのですが、沢渡の国道沿いで見つけたカモシカです。
座って通り過ぎる車を眺めていたのを見つけ、そばによってみました。
じんわり近寄っては写真を撮り、そしてまた一歩近寄って…。
あちらもかなり警戒しているのか、顔はじっとこちらを向いていました。
何を思ってここに座っているのでしょう、ひょっとしたら物思いに更けてたとこをお邪魔してしまったのかも。
だとしたら、カモシカさんごめんなさい。


まだまだたくさんの動物が上高地界隈にいます。
今シーズンはどれだけの出会いがあるのでしょう。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大いなる志 | HOME | 春はいつ来る?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。