上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

白い世界

雨が降った翌日はいつまでも濃霧が抜けず視界がとても悪かったので、バックカントリーに行く計画を立てていたのですがキャンセルになりました。(実は山の上部は抜けて晴れていたらしいのですが…)
しかしせっかくの休暇なので、ゲレンデで滑ることにしました。

雲の中を泳ぐような気分で、真っ白い霧の中を滑ります。
しかし、視界が無さ過ぎて怖い。
パウダーとは違うふわふわした感じは、滑り降りているのかトラバースしているのかすら分からなくさせます。
転倒せず滑ることさえ出来れば、それはそれで楽しくもあるのですが…。

ゲレンデ下部から視界が開けてくると、いつもと違う木々の姿が見えてきました。

20130317 013
霧氷で真っ白になった美しい景色でした。
青空だったらこの白さが引き立って、もっと綺麗に見えるのに…そう思ったものの、白と黒のコントラストがとても綺麗に見えるのは、この天気ならではです。
白色以外のものを黒が全て覆い隠しているようです。
まるで水墨画のような不思議な景色が広がっていました。

20130317 019
近くで見上げると、見事にコーティングされている姿に感動します。
雨とその後発生した霧が枝や葉にくっつき凍って結晶化したものが、こんなに見事に真っ白に魅せてくれるのです。
芽吹き前のカラマツの、秋の黄葉とはひと味違う美しさです。

20130317 021
常緑樹には葉の上に結晶が出来ていました。
小さなエビフライのしっぽがいっぱいです。
少し枝をゆすっても、しっかりくっついて離れませんでした。

気象条件が揃わないと見られない景色です。
翌日は青空と霧氷がとても綺麗だったそうですが、見るタイミングを逃してしまいました。


3月に入り気温の高い日が続くおかげで、雪解けがぐんぐん進んでいます。
そして今日は再び雨…雪が更に無くなりそうです。

もう1回くらい、雪が降らないかなと思う今日この頃です。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春と幸福を告げる花 | HOME | 春を知る>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。