上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

静けさと共に

閉山式の翌日は、真っ青な空が広がりました。
最後まで利用してくださったお客さんを送り出すと、六百山の稜線からようやく太陽が顔を出しました。
上高地にやっと朝日が射し込みます。

日が射すと、辺り一面色付いたように輝きだしました。
下山は翌日…やらなければならないことは山積みなのに、キラキラした外が気になって仕方がありません。
このままでは仕事が手につかなさそうなので、カメラを持って河童橋まで往復することにしました。

谷間に響いていたバスターミナルのアナウンスは、今日はもうありません。
静かで眩しい景色に梓川の水流の音だけが響きます。
真っ白に輝く上高地に居るのは、最後まで残った従業員と業者さんのみ。
しかし皆閉館作業に追われているせいか、人影がありません。

Fall Season by Kiss 012
こんなに真っ白になった穂高を初めて見ます。
まだ日の当たらない梓川の水は、墨のように黒く見えました。
この景色を河童橋から独占しているのはとてももったいなく思いました。

Fall Season by Kiss 015
下流をみると、焼岳が大きく裾を広げていました。
水面からはもやが立ち昇っていました。
黄色く色付いたカラマツ樹林を見たのがつい昨日のことのように思うのに、今はすっかり葉を落とし静かに冬を堪えしのぐ姿です。

Fall Season by Kiss 017
葉を落とした樹々たちは冷たい空気で結晶した氷を枝全体にまとい、真っ白になっていました。
樹の下から青空を見上げると、本当に綺麗でした。
ただ、見たそのままの景色を写真に収めることが難しく、もどかしさを感じてしまいました。
キラキラ輝く枝ではこの日も元気に小鳥たちがさえずっていました。

Fall Season by Kiss 021
雪で真っ白な遊歩道からの焼岳です。
誰も歩かないからこそ残っている、目の前に広がる景色です。


今シーズンもたくさんの素晴らしい景色を見ることが出来ました。
たくさんの方に支え励ましていただき、無事にここまでやってくることが出来ました。
上高地での生活がこうして終われることが、嬉しくも淋しくもあります。

私も、上高地もこれから冬ごもりに入ります。
静かな時間が流れていきます。

長く寒い冬は、また心暖かい人たちと一緒に過ごすことになりそうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まがものおたより | HOME | さらに雪盛り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。