上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冬の足音

23日は北海道にあった低気圧が急速に発達し、全国的に荒れた天気になりました。
雨と風が1日続き、その後一時的に冬型の気圧配置となりました。
翌朝はぐんと冷え込み、顔を出した山々は白く姿を変えていました。

北アルプスでは今月上旬に初冠雪がすでに観測されていましたが、あっと言う間に融けてしまっていて、その姿を見ることが出来ませんでした。
なので、今回が自分にとっての初冠雪になりました。

今度は融けてしまう前に、出来るだけ真っ白の穂高を見たい。
そう思って早朝の仕事合間の隙を狙い、カメラを握って河童橋まで猛ダッシュしました。

ところが山は、雲の中。
なかなか姿を見せてくれませんでした。

cold fall day 002
この日の気温の低さを示してくれたのは河童橋でした。
橋に出来た小さな水溜りが寒さで凍っていました。
ツルッツルの危険地帯は、鏡のように光って空の色を映し出していました。


昼前に休憩に入ったので、散歩に出ました。
日差しはあったものの、吹き抜けていく風は冷たく痛いくらいでした。
落ち葉の多さに終わりかけの秋を感じ、風の冷たさに冬の訪れを感じました。

cold fall day 011
温泉ホテルより少し下流の、右岸沿いから六百山と霞沢岳を望む。
上高地はちょうどカラマツの黄葉のピークを迎えていて、黄金色の樹木の上で真っ白に雪化粧した山を見ることが出来ます。
木々1本1本が真っ白になっているのが遠目からでも分かり、とても美しい樹氷の森が出来ていました。

cold fall day 012
穂高橋で、やっと真っ白い穂高の姿を見ることが出来ました。
この日は標高2200m辺りまでは雪だったようです。
真っ白な穂高は浮かび上がって見え、いつも以上に雄大に見えました。

cold fall day 017
河童橋から延びる左岸のカラマツ並木は黄金色になりました。
逆光なので焼岳も並木もモノトーンに見えますが、すごくきれいな風景が見られます。

朝の冷え込みが厳しかったせいか、カラマツの色が一気に濃くなり、それと同時に落葉も始まりました。
パラパラと針のような葉が舞い落ちてきて、頭や肩にくっつきます。
冬の始まりと秋の終わり、閉山へのカウントダウン…凛とした空気に包まれ雪化粧した山を眺めながら、急ぎ足で過ぎ行く季節にちょっぴり寂しさが募りました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冬到来 | HOME | 星空を眺める>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。