上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

動物に逢いたい

山の中で生活していると、思いがけず野生動物に出会うことがあります。
遭遇度ナンバーワンはニホンザル。
会いすぎて、すでに遭遇とは言わないかも…(苦笑)

国の特別天然記念物に指定されているニホンカモシカは、上高地や乗鞍では比較的よく出会う動物です。
人前にふと出てくるのに、人との距離を一定以上保とうとしてパッと姿をくらましてしまう、ちょっぴり不思議なカモシカ。
『シカ』という名があるのに、シカではなくウシ科に分類される、やっぱり不思議な動物です。

カモシカは、前述の通り人間との距離感を保とうとするので、見かけても遠すぎたり写真に納まるまでに居なくなったりしてしまいます。
そんなカモシカをじっくり観察するチャンスがやってきました。


明神池近くの右岸の木道で、人だかりを発見しました。
みんなの視線の先には…。
カモシカちゃん!(カモシカくんかも)

May 2012 various 015
今まで見てきたカモシカよりも、ベージュがかった薄い色で体も小さめでした。
「去年の秋にも同じ場所で見たよ」と同僚に聞いたので、はぐれてしまった子どもというわけでもなさそうです。
私たちとカモシカの間には小さな小川が流れていたからか、カモシカの肝っ玉が据わっていたせいかは分かりませんが、こちらを気にすることなく草をムシャムシャ頬張っていました。

時おり顔を上げて、こちらに視線を送ってくれます。

May 2012 various 018
この顔、なんだかヤギっぽい!?
「メ゛ぇぇぇぇー」って鳴いたような気がしたのは、この表情のせいでしょうか。
背中の毛並みの良さに、抱きつきたくなりました。

May 2012 various 022
草を食べながら、後ろ足で頭をカキカキ…。
このしぐさを見て、思いのほか足が短いことに気が付きました。
胴が大きめで足が短い姿から、ウシ科と分類されることに納得です。
尻尾が小さいのも、この姿から分かります。

人間の視線に臆することなくこのまま草を食べ続け、カモシカは森の中に消えていきました。
こんなにゆっくり野生のカモシカを観察できたのは初めてで、しぐさのひとつひとつに萌えました。
調査用の発信機が首についていたのを見て「首輪が着いてる!」と言ってたお客さんがいましたが、決して『カモシカ牧場』などで飼われているわけではありません(苦笑)
今日ものんびり、エサを求めて森をゆったり歩いているのかな。


上高地で会える率ナンバーワンのニホンザル。
人間との距離感が年々近づいていて、さらにパワーアップしたサル追い対策を講じています。
サルが可愛そうな気もするけれど、ガラス越しに対峙しても牙を剥く姿を見ると、人に被害が出ていないギリギリの状態なんだとも思います。

けれど、ふとしたしぐさはやっぱり可愛くて、サルのそばに近寄ってカメラを向けてしまいます。
怖がっちゃいけません。
怖がるとサルがもっと大手を振って歩けてしまいます(実際には大手は振れませんが)

河童橋を左岸から右岸へ渡ろうとしていたサルの群れに出くわしました。
あるサルは人と同じに橋を歩いて。
時々欄干に座って、体をポリポリかいています。

Solar eclipse 2012 140
あるサルの親子(兄弟?)は、吊り橋を支えるワイヤーを伝って。
シンクロした動きが可愛い。
キラキラ光る水面は、サルにとってどんな風に映るのでしょう。

Solar eclipse 2012 137
揺れるワイヤーの上で、子どもを守るお母さんサル。
子どももしっかりお母さんに抱きつきます。
こんなほほえましい光景を見れるのも、上高地ならでは。
この姿を大切に、距離を保った野生動物と人間とのお付き合いが出来ればいいと思います。


いつかキツネやアナグマ、オコジョの写真も撮れたらいいなと、カメラを欠かさず持って出かけます。
動物が撮れたらラッキーですが、少しずつ秋めいてきた景色を撮りに出かけようと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<未来への手紙 | HOME | 2012年 涸沢の夏 2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。