上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サギスゲ揺れる湿原

今シーズンの上高地は、雨が本当に少ないです。
その分の雨が九州北部に集中しているんじゃないかと思うと、とても胸が痛みます。
河川の氾濫の映像を見るたび、雨が上がることを祈るばかりです。


上高地では、天気が良くなればぐんと気温が上がって、しっかり夏を感じさせてくれます。
6月下旬、田代湿原に行ってきました。
梅雨になれば天気に関係なくあまり外を出歩かなくなるので、久しぶりの散策になりました。

memorial days Jul 12 by Kiss 002
夏らしい雲が沸いて、山の雪渓が涼しげでした。
湿原の奥のほうには、咲き終わりが近くなったレンゲツツジのピンク色がきれいです。
手前には、サギスゲという多年草が一面に広がっていました。

memorial days Jul 12 by Kiss 003
サギスゲは花が咲いた後に種を付けるときに、白い綿毛を束ねたようになります。
その姿を白サギに見立て、この名がついたといわれています。
晴れた日には種子を覆う綿毛がふんわりとなって、湿原全体で風に揺れる姿が見られます。
同じ仲間にもっとモコモコして見える『ワタスゲ』がありますが、それより控えめなサギスゲがここでは群生しています。

花の見頃は次々とやってきて、あっと言う間に今シーズンの役目を終えていきます。
緑いっぱいの上高地にいよいよ夏本番がやってきます。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<柳絮が舞って…夏本番 | HOME | 雪渓の中から>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。