上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪乞いダイジェスト

今シーズンのMt.乗鞍スキー場は雪がとても少ない状態でのオープンになりました。

乗鞍で冬を過ごすようになって何年も経ちますが、これほど雪が無いシーズンは初めてです。
これまでにも雪が少ないと言われることはありました。
しかしゲレンデ上に草がたくさん顔を出していることはありませんでした。
友達は牧草地とか草原とか表現していましたが…(苦笑)
年が明けて1月に入ってもまさにそんな状態で、スキー場がどうなってしまうのか心配でした。

クリスマス寒波、お正月寒波…その寒波は、乗鞍には雪をどさっ!という程は運んでくれませんでした。
痺れるように寒い朝はもう何度も体験していますが、雪かきするほどの雪には恵まれません。


off and christmas (180)
シーズンインに合わせて雪待ちのゲレンデ。
中央に小さな白い雲のように写っているのは、降雪機が巻き上げた雪が大気に放出されて出来たものです。
ススキの穂のような枯れ草が、雪の隙間からぴょんぴょんと顔を出しています。

雪よ降れ~!!
リフトに乗って空を仰いでみても、澄んだ青さがただただ目に入るだけ。
夏のアウトドアは晴れて欲しいのに、冬のアウトドアは雪が降って欲しい。
そんなワガママさんは、きっと私だけではないはずです。

off and christmas (183)
勝手に『かたつむり号』と命名した、移動式の降雪機。
のそのそと移動していく姿はかなりゆる~く見えるのに、雪を作り出す姿はとても頼もしい。
固定された降雪機からもも、うなるような音を響かせながら雪をフル稼働で吐き出していました。


ちょっぴり遅刻してやってきたクリスマス寒波は、30cmほどの雪を積もらせてくれました。
私たちに今シーズン初のパウダーランと歓喜をもたらしてくれました。
まだ地が固まっていない、そのまま雪が積もっただけのバーンは、止まってしまうと底なし沼かと思うほど板が沈んでいきます。
それでも思いっきり後ろに体重を預けて滑り出せば、板の先端が顔を出してふわっふわの浮遊感を味わえます。

powder day (2)
パウダーを巻き上げながら、いつだってベストな滑りを追求するのは、マスターです。
私が底なし沼ならぬ新雪に足を取られてもがいているいる間に、すぅーっと滑り出してパウダーと共に見えなくなってしまいました。

off and christmas (245)
テレマーカーのMちゃんも一緒にパウダーを楽しみました。
うきうきした気分が全部伝わってきそうなくらいの、歓声と滑りでした。

Snow!! 010
歓喜のパウダーは、待ちわびていた愛好家たちに見事に滑り倒されました。
そして翌日…天気が回復すると共に強風がゲレンデの上を駆け回り、せっかく積もった雪を飛ばしていってしまいました。
降っては飛ばされ、降っては飛ばされ…。
乗鞍は雪から晴れになるときに暴風が吹き荒れるので、いつまで経っても充分な雪がゲレンデに残らない気がします。

年が明けてもやっぱり雪不足のままでした。
まるでシーズン終わりのような景色が広がっていました。

Snow!! 016
そして、またしても遅刻してお正月寒波がやってきました。
思わぬ積雪に、仕事を早めに切り上げてゲレンデに飛び出しました。
木々にもこっと乗っかった雪を見て、思わず嬉しい武者震いしてしまいました(笑)

やっと全部のリフトが動き始めました。
まだまだ雪が必要です。
雪乞いしなくては…何かいいおまじない知りませんか?



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<クラフトピクニック 2011 | HOME | 明けましておめでとうございます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。