上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

涸沢の紅葉情報(10月1日現在)

気が付けばもう10月ですね。
本当に早いなぁ…と月が変わるたびに思い、さまざまなやり残したことに想いを巡らすものの、結局時間だけが過ぎていってしまいます(苦笑)

さて10月といえば、こちらは紅葉の季節です。
上高地のカラマツの黄葉はもう少し先の月末ですが、標高が2000mを越える場所では秋真っ只中です。
1日1日見上げるたびに変わっていく山に同じ姿は無く、見ていて飽きることがありません。
雨が降って、冷え込んで、ぐっと変わった山の色を見るたびに、自然のすごさを何度も何度も実感します。


紅葉と言えば、やっぱり涸沢。
毎年、ここで真っ赤な秋の色を感じたいと思います。
今年もそんな機会に恵まれました。
先月の28日から今日まで涸沢ヒュッテへお手伝いに行ってきました。

例年より早くなるんじゃないかと予想していた紅葉は、実際は思ったよりずいぶん遅くなっています。
来週から3連休頃が一番の見頃になりそうです(あくまで独自の予想です…あしからず)

最新の涸沢の様子を速報でお伝えします。

Karasawa 2011 Fall 034
9月29日、朝7時過ぎ。
涸沢ヒュッテテラスからの様子です。
朝日を浴びた涸沢小屋周辺は、まだまだ緑いっぱいです。

北穂高岳への登山道(南稜)や涸沢岳の斜面は草紅葉が終わりかけて茶色くなってきていました。
この日はとても穏やかで、暖かい1日になりました。
平日で紅葉の見頃よりも少し早いこともあって、休憩時間が長く散歩に出掛けることができました。
その様子は後日アップしますね。

9月最後の日は嵐になりました。
雨風がとても強かったので、トイレに行ったり部屋に戻る数メートルの外の移動でびしょ濡れになりました。
山は全く見えず、時折強く叩きつけるような雨が夕方まで続きました。

Karasawa 2011 Fall 081
10月1日、朝9時前。
2日前の写真と見比べると分かりますが、赤い色が多くなってきました。
小屋の上のほうと、テント場上部の若いナナカマドの発色が進んでいます。
ダケカンバの黄色は少し遅れているかな…といった感じです。

テント場下部の方や、ヒュッテと小屋の分岐辺りの登山道も色づきがはっきりと分かるようになってきました。
週末から週明けには冷え込みそうなので、この後もどんどん色づいてくると思います。

涸沢の秋を初めて過ごすヒュッテの女衆たちは、この1日の色の変化にびっくりしていました。
もっともっとびっくりしながら、歓声を上げながら、あと10日ほどの多忙な日々を元気いっぱい働いて過ごして欲しいなと思います。

涸沢のナナカマドの紅葉を見に出掛けませんか?
登山道と山小屋は混みあっていますが、景色は折り紙つきです!!



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大空を羽ばたく | HOME | ひと足先に芸術の秋>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。