上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぞくっ!

昨日は朝から雨が降っていて、外はなんとなく暗く、空気もじめっとしていました。
気温が高いので、ちょっと動くだけで汗がしっとり出てきます。

掃除をしようと、ある客室に入ったら…。
「!!!!!」
声にならない、魂が抜けたような空気が口から出ていきました。

そして、次の瞬間。
「・・・なんだこれ」

背中にすぅ~っと冷たい風が流れたような、そんな気がしました。



窓ガラスいっぱいに、引っかいたような手跡がついているではありませんか!!!
上から下まで、右も左も。
ガラス全面が赤ちゃんか子どもサイズの手あかだらけなのです。




一瞬ひるみました。
が、近づいてよく見てみると…それは窓の外側についているものでした。
そしてさらに観察してみて、納得。

「サルの仕業か…」


ここはサルの通り道。
よく遊びに来てくれるのですが、しばらく続く暑さに、ちょっとひと休みしようと軒下にやってきたのでしょう。
ガラスはひんやり気持ちがいいですものね。

たまたま館内に人がおらず、静まり返っていて、室内は薄暗かったのです。
外が明るいのでガラスが鏡のように映って見えたのでしょうね。
ふとわれに返って、振り返ってみると…。


【ここから先はあくまで私の勝手な想像です(苦笑)】

今まで自分ひとりだったはずなのに、そこにもう1匹サルが!!
きっとそのサル、初めて見る自分の姿にびっくりしたのでしょう。
「ひぃぃぃ」と背筋の毛を逆立てながら、もう1匹の自分にパコンっと攻撃。
すると同時に相手も攻撃。
ここからはパニックです。
攻撃しようと思ったのか、逃げようと思ったのか…とにかく窓と手すりの間で『自分』vs『自分』の格闘が繰り広げられます。
あっちでポコポコこっちでポコポコ。
殴ったり、はたいたり。

そうして出来たガラス全体の恐ろしい模様。

ひょっとしたらサルはびっくりしつつも、もう1匹の自分と楽しいダンスを繰り広げたのかもしれません。
色々想像するだけで、かなり笑えました。

ただ、今までサルの手あとがいくつかついているのを見たことはあったのですが、ガラスいっぱいに苦しみもがいたような手あとがついているのは初めてでした。
それを見た瞬間、季節柄、どうしても怪談話を想像せざるを得なかったのです。
ちょっとこのまま残しておきたい気もしましたが、この日使われる部屋だったので、どしゃ降りの中、窓の外に出てきれいに磨いておきました。


そんな珍行動を時々披露してくれるサルたちは、暖かそうなフカフカの冬毛からすっきりした夏毛に衣替えし元気に走り回っているのを見かけます。
サル1

サル2


スポンサーサイト

動植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<懐かしき日本の風景かな | HOME | 夏の訪れ>>

この記事のコメント

怖すぎます!
そして面白すぎです!店番中に笑ってしまいました。

でも、そんな所までサルが来るなんて…
それも怖いですね!
襲われないように、気をつけて下さい。
2008-07-20 Sun 10:36 | URL | ガゼル #-[ 編集]
☆ガゼルさん

ガラスの手あかを見た瞬間、本当に背筋がゾクッとしました。
写真に撮ろうかと思ったのですが、何か乗り移ったらイヤだなぁと思ってやめました。

おサルには気をつけます(笑)
2008-07-22 Tue 16:41 | URL | うみ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。