上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひと足先に芸術の秋

天気の悪い休日、一緒に休みになった同僚Sちゃんとドライブデートをする約束をしていました。
日本海側に行こうかな…となんとなく計画を立てていた時に、なぜか他の同僚2人まで加わって八ヶ岳方面に行くことになってしまいました。
女ふたり旅になろうかと思っていたのに、邪魔をされて少々不機嫌になりそうでした(苦笑)
けれど、こんなこともめったに無いので、みんなで行くことにしました。

向かった場所は山梨県北杜市にある、清春芸術村です。
ひと足早い、芸術の秋といったところでしょうか。

August of Kamikochi 006
駐車場に車を入れると、目に飛び込んできたのはカラフルな建物。
倉庫なのだと思いますが、一色にペイントされた建物がそれだけで芸術作品に見えてきます。
さらにそこのドアにたたずむ、黒い猫。
完璧な作品のようでした。

駐車場を横切ったのはキツネでした。
そんな緑豊かな、自然溢れる場所に清春芸術村はあります。

August of Kamikochi 016
パリにあるアトリエを模して作られた、ラ・リューシュ。
アーティストたちの創作の場として利用出来る、貸しアトリエです。
手前の指は…作品です。
散策するだけでも面白い場所でした。

クラーベ・ギャラリーでクラーベの作品を見て、美術館で白樺派の画家やルオーの作品を見ました。
美術館に来たのが久しぶりで、こんな風に作品を鑑賞するのも久しぶりでした。
ずっと見てみたかった東山魁夷の作品展もやっていて、海を描いた作品に見入ってしまいました。

August of Kamikochi 011
もうひとつ気になったのは、鳥小屋のような1本足の和のような洋のような建物。
庭の片隅にあるこの建物は、茶室なのだそうです。
屋内からは山々が見られ、春には見事なサクラも観賞出来るようです。
一般開放されていないのが、残念でした。


August of Kamikochi 020
様々な作品に出会った後は、山梨名物のほうとうを食べました。
カボチャほうとうを注文したのですが、びっくりするくらい大きなカボチャが鍋にゴロリと入っていました。
とても美味しかったのですが、さすがに量が多くて完食できませんでした。

お腹いっぱいで苦しく眠たい中、清里に移動し、やまねミュージアムに行きました。
とても気になっていたミュージアム。
本物ヤマネには出会えませんでしたが、手作り感いっぱいの展示がとても参考になりました。
小さな森の妖精、ヤマネ。
いつか出会えるといいな。

やまね
参考までに、ヤマネを載せます。
やまね工房さんのぬいぐるみですが…(笑)



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<涸沢の紅葉情報(10月1日現在) | HOME | ひな鳥を見かけたら>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。