上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

残雪の蝶ヶ岳

まだニリンソウを見ながら散策できる頃、残雪の蝶ヶ岳に登ってきました。

Early Summer 015
朝日を浴びて輝くシダとニリンソウ。
緑がどんどん増え始めた登山道脇は、生命力で溢れていました。
朝早く見たニリンソウは閉じていましたが、日中は太陽に向かって大きく花を広げます。

横尾で身支度を整えなおし、蝶ヶ岳へ向かいます。
久しぶりの長時間の登り道に、体が果たしてついていけるのか不安でした。
バテたらどうしよう…そればかり考えて登っていました。

歩幅を考えて、ペース配分に注意して。
額から汗が流れ落ちたときには、もうバテたかと勘違いしそうになりました(苦笑)

しかし途中で、木立の隙間から遠くに槍ヶ岳の先っぽが確認できると嬉しくなります。
嬉しくてでも苦しくて、一歩一歩登っていけば登山道には雪が混ざってきました。
標高2300m以上からは、ほぼ雪の上を歩きます。
時々足を取られながらも、それだけ高く登ってきてるという実感があります。

Early Summer 028
樹木に付けられたペンキを確認しながら登っていきます。
森林限界がずいぶん近づいてきて、歩いていても空がずいぶん近く、明るく感じます。

森の中を歩ききると、空と自分を隔てるものがなくなりました。
森林限界です。
そして振り返ってみると…、見渡す限りずっと続く北アルプスの稜線が広がっていました。
この瞬間が大好きで、いつもこの急な登りを選んでしまいます。
Early Summer 032

心配していた雲は、稜線を隠すことなく浮かんでいました。
景色を眺めていると涙が出そうになるのは、眩しいからなのかしんどいからなのか感動したからなのか…。
きっとどれも少しずつミックスされて、うるっときてしまうのでしょう。

Early Summer 034
稜線をゆったり歩いていると、時々足元までガスが昇ってきます。
まるで雲の中を散歩しているようです。
少しバテていたようで、稜線歩きは幸せながらもしんどく感じました。

2011y07m19d_072338619.jpg
壮大な景色をバックに昼食を取ります。
この日はラーメンを作りました。
風が強かったのでハイマツの木陰で調理します。
乾燥ラーメン具と魚肉ソーセージとスライスした切り餅を入れて、かなり豪華なラーメンが出来上がりました。

蝶ヶ岳ヒュッテでビールを買って、持って来た(お決まりの?)じゃがりこをつまみに、ランチタイムです。
風は強いけれど寒すぎることはなく、最高の時間になりました。
しばらく稜線で景色を堪能したら、下ることにします。

ヒュッテから少し登ったところにある、なだらかな丘の上が山頂になります。
改めて景色を眺めて…帰りたくないけれど、下ることにしました。
下山ルートは、長塀山経由で徳沢へ下るコースです。

雪の残るこの季節は、長塀山から先が不明瞭な場所が多くなります。
目印の付いた樹が雪の中に倒れてしまっていることが多く、登山道も雪に隠れてしまっているからです。
間違えなく道を下ることよりもさらに大変だったのが、かなり融けてきた雪を思いっきり踏み抜いてしまうこと。
登りよりも1歩が大きくペースも速くなるので、踏み抜いてしまう破壊力も大きくなります。
かなり雪解けが進み空洞が多く出来ていて、落とし穴が限りなく作られているような登山道でした。

Early Summer 050
股に食い込むくらいに落ちてしまうと、脚を引き抜くのも大変です。
覗き込めば1mはあるんじゃないの?と思えるくらいの大きな踏み跡にいくつも出会いました。

登山道から雪が無くなるとほっとひと安心しますが、ここからまだまだ長い下り坂が待っています。
つづら折りの道を忍耐強く下っていけば、少しずつ景色が下がっていきます。
川の流れが聞こえ、徳沢園の赤い屋根が見えるとゴールです。

Early Summer 054
登山道沿いに咲いていた薄いピンク色のシャクナゲです。
柔らかい色の花を見つけるとほっとしました。

徳沢のキャンプ場でしばらくのんびりし、再び上高地まで歩きます。
徳沢から上高地までは何度歩いてもしんどく、足が止まりそうになりました。
疲れを余韻にだらだらと歩いて帰りました。

無事に帰ったら温泉へ直行します。
全てが開放される瞬間です。
もちろん疲れも開放され、ぐったりモードになりました。

しんどい、疲れる、でも楽しい。
だから止められない山歩きです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森のキノコ | HOME | 毛むくじゃらな訪問者>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。