上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

梅雨…のち、明け

あっと言う間に、梅雨明けになってしまいました。
空梅雨か…と思っていたら、局地的豪雨で土砂災害に見舞われ、一気に気温が上昇し、そして梅雨明け。
あれよあれよと夏本番になってしまいました。

Summer of Kamikochi 001
今日の上高地は日差しがきつく、暑いです。
山も雪がずいぶん溶けて、夏らしくなりました。
涼を求めて、たくさんの方が上高地に来ています。
一足先に夏休みになったような光景です。


土砂災害による上高地線の通行止めが続く間、お客さんの居ない静かな遊歩道を歩いてきました。
プライベート避暑地のようで、ちょっとリッチな気分でした。

鳥のさえずりが遠くに近くに響いていました。
田代湿原に近い場所では、必ずカッコウが鳴いて迎えてくれます。
今日はゆっくりさえずりを聞いてみました。
カッコウは「カッコウ、カッコウ」と鳴くことからその名があるのだろうけど、よくよく聞いていると「ふぁっふぉう、ふぁっふぉう」と聞こえなくも無い気がします。

1羽が鳴き始めると、他の1羽が鳴き始め、「ふぁっ、ふぁっふぉう」「ふぁっ、ふぁっふぉう」とかぶって聞こえてくるのです。
どうせなら、5羽くらいで輪唱してくれたらいいのにと、心の中で無茶振り(苦笑)
自分で5羽分鳴き真似してみて、ツボにはまってしまったのでした。

Pre Summer 027
田代湿原は年々緑に覆われ湿地の部分が見えなくなってきました。
しかし、今年もきちんと湿地に生えるサギスゲが白い綿毛を見せていていました。
遠くにはレンゲツツジのサーモンピンクが映えていました。

Pre Summer 024
田代池も土砂の蓄積が進んでいて、池というよりも遠浅の小川のようになっていています。
この場所にたたずんでいると、とても癒される気がして、しばらくぽけーっとしていました。
ここでもレンゲツツジのピンク色がきれいでした。

今年は様々な花が当たり年のような気がします。
お陰でさまざまな花粉もたくさん飛んでいて、窓拭きが大変です。

Pre Summer 030
ニッコウキスゲもきっと当たり年。
こんなにここに生えていたっけ?と思うくらいの花が咲いていました。
大正池から上流へ向かってあるき、梓川コースで見られます。
上高地以外の場所でも当たり年なのでしょうか。

この日は、外で散歩をしている従業員を見かけることもなく、散歩中ずっとひとりっきりでした。
もう少しすれば、再び賑わいを見せる上高地が戻ってくることを期待して、しばらくまた自分の世界に酔いしれながら歩き回るのでした。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011 クラフトフェア | HOME | ライトダウンの夜>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。