上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

湯俣リベンジ その2

【新緑を迎えた天気のいい日 2日目】

テントに日が射してきて、眩しさを感じて目が覚めました。
ぐっすり眠ってた…。
川の音と硫黄泉の匂いで、ここが湯俣だと実感します。

テントから顔を出すと、太陽はかなり高い場所にありました。
もう少し寝ていたいけれど、テントの中は暑いので、起きだして朝食を作ります。

ロールパンをサンドイッチにしました。
具はハムとチーズと、カルビーじゃがりこ(サラダ味)。
じゃがりこは、発売以来ずっと好きでよく食べるお菓子です。

Fresh Green Days 050
アウトドア雑誌に紹介されていたレシピを参考に、お湯を注いで『じゃがりこマッシュ』にしてみました。
じゃがりこは、ガリガリと食べてこそじゃがりこなんだと思っていましたが、これもまた美味しい。
山でおかずになってしまう感覚が面白く、痛む心配がない分、携帯するにはいいかもしれません。
昨夜の飲みかけのビールも一緒に(笑)
じゃがりこマッシュ入りサンドは我ながら…ウマイっ!!

お腹をフルに満たしたら、テントの中を軽く片付けて、昨日の続きに取り掛かります。

Fresh Green Days 053
雪解け水は冷たいけれど、湧き出るお湯はとても熱い。
ふつふつ、こぽこぽと湧き出る温泉。
こんなところに間違って足を突っ込むと、大変なことになります。

ひとり入る(座る)スペースを作るために、せっせと石を動かしていきます。
湯温を調整するために、川をせき止めたり流したり。
今日も大人の川遊びです。

気温がぐんぐん上がってきたので、多少ぬるめのお湯でもいいかと川の流れを多めで調整していきました。
なんとか納得し出来上がった温泉は、全身を浸すには程遠い、浅い浅い温泉でした。
温泉作りの難しさを痛感しつつも、出来た温泉には一応自己満足することが出来ました。
手だけでやってるんだから、こんなものだろうと(笑)

次は、お尻が痛くならないように銀マットなんて持って来たらどうだろう。
結局、楽しみながらも次のリベンジを誓っている感じ。
ひょっとしたら来年も、少し進化した手作り温泉の旅をしてしまうかもしれません。

Fresh Green Days 056
手作り温泉から湯俣川上流の眺め。
夕暮れ時に見た昨日の景色とはまた違う、きりっとした景色が谷間に広がっていました。
こんな景色を見ながら温泉に浸かれるなんて、とても贅沢な気分になれます。

温泉から出ると、一気に汗が出てきます。
この日は気温がぐんぐん上昇して、とても暑い1日になりました。
テントで少し休憩し、出来ればもう1泊したい…といったところですが、そういうわけにいかず撤収することにしました。

目的を果たした瞬間、気が抜けた状態になってしまって、片付けはのろのろ。
食材や飲料がかなり減ったので、荷物はずいぶんと軽くなりました。
忘れ物は無いか確認し、その場を後にします。

Fresh Green Days 068
槍ヶ岳に続く水俣川支流です。
去年来た時に壊れていた橋板はきれいに修復されていました。
今年もここから北鎌尾根経由で槍ヶ岳を目指す人たちがいることでしょう。
事故など無いように…そばにあるお社に祈ってから帰りました。

Fresh Green Days 069
水俣川と湯俣川がひとつになり、高瀬川になった先に水門があります。
流れ落ちる流れに、涼を感じられます。
雪解け水はどうしてこんなに優しい色をしているんだろう。
吸い込まれそうな錯覚に、思わず少し後ずさりしてしまいました。

暑い暑い…と言いながら、来た道を引き返します。
ここに来るときは何故か必ず暑くなります。

Fresh Green Days 072
水はとても爽やかに流れていきますが、歩いている自分はどんどん汗が出てきて干からびていってしまいそうでした。
林道まで戻ったところでお茶をして、ゆっくり休憩を取りました。
結局、タクシーは使わず、歩いて七倉山荘まで戻ってきました。
食べて飲んで遊んだら、しっかり体を動かさないと。

七倉ダムより少し下流にある葛温泉で、しっかり汗を流し温泉に入り直して温泉満喫の旅を終えました。
歩いていて暑かったけれど、お湯もとても熱かったけれど、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

去年のリベンジ達成です。
温泉好きがさらにパワーアップしました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ライトダウンの夜 | HOME | 湯俣リベンジ その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。