上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高月山に行ってきました

春の日差しがまぶしい、そんな春のある日の出来事です。
地元の山に登ったときの様子です。
ずいぶん前のことになっちゃいますね…(汗)


この日登った山は『高月山』という、愛媛県南予地域では最も高い山です。
鬼ヶ城山系の中のひとつで、冬には波到来と共に真っ先に雪化粧するのもこの山です。

高月温泉のある成川渓谷に車を止めて出発します。
帰ってきたらすぐに温泉に浸かれるから…という理由で行く山を決めました。
しかし、県道から渓谷方面へ入った直後の看板に『本日定休日』という文字を見つけ、かなりガックリしてしまいました。
この瞬間から、もうやる気のバロメーターはマイナスに振り切れてしまいそうでした。

それでもせっかくのいい天気なので、やる気のバロメーターを気合でなんとか修復し、登ることにしました。
夏場はキャンパーで賑わう渓谷も、この日は誰も居ません。
ぽつんとあるのは私の車だけ。
何より、温泉が定休日ですしね(苦笑)

気持ちを切り替えて、歩き始めます。
ガサガサと去年の秋に落ちた落ち葉を踏みしめながら歩いていきます。
渓谷の流れを聞きながら、一気に標高を稼ぎます。

Spring 2011 002
何箇所か沢を横切りました。
沢を安全に渡るために作られた橋は、新旧がクロスしたままになっていました。
グラグラ揺れる場所は慎重に渡りました。

しばらく歩くと、舗装された道にひょこっと出ました。
この道は鬼ヶ城の稜線を跨いだ、黒尊スーパー林道です。
愛媛県と高知県を繋ぐ道で、高知県側へ下りると四万十川に出ます。
まだ地元で働いていた頃、時々バイクでツーリングしたり、冬には車で上がって(友達が)わだちをスキーで滑り降りたという思い出がある道です。

Spring 2011 003
林道を横切ると、目の前に年季の入った細いハシゴがあります。
このハシゴは、ツーリングしていた頃にはすでに同じような状態だったのを確認していたので、軽く10年越えの代物です。
しっかりしているのか、揺すってみてから登りました。
足を掛ける場所が細いので、ちょっと怖い気がしました。

まだまだ植物が茂る前なので、明るい樹林帯を歩くことが出来ました。
木漏れ日がとても気持ちがいい登山道でした。

Spring 2011 006
スーパー林道からの登山道との分岐点にきました。
稜線に近づいてくると、空に近づいて明るくなってくるのはどこの山を歩いていても同じです。
標高が上がって心臓がドキドキするのは、息が切れているからだけではなく、稜線への期待感が大きくなっていくからだと思います。

コルに出たら、ここから稜線を歩いて山頂を目指します。
標高は1000m前後なので、稜線といっても穂高の稜線とは違い、樹林に覆われています。

山頂までは最後の登りが一番きつかった!
細かくジグザグな登りを繰り返し、黙々と登りました。

Spring 2011 012
そんな足元には落ち葉に覆われた栄養たっぷりの土壌。
落ち葉から顔を出していたのは、バイケイソウの新芽でした。
同じ方向から葉を広げている姿は、シンクロナイズド・成長中といったところでしょうか。
きっと今頃バイケイソウは、緑の葉をいっぱいに広げて群生し、開花へ向けて準備をしているはずです。

Spring 2011 013
稜線に出てから、シャクナゲの群生が続いていました。
私よりも背丈の高いシャクナゲが、出迎えてくれます。
シャクナゲトンネルです。
花の季節は、本当に素敵なトンネルになることと思います。

Spring 2011 018
急な登りの先には、まあるい小さな丘のような山頂がありました。
1229mの山頂に到着です。
先着の男性に挨拶をして、景色を眺めます。
ちょっぴり霞んだ宇和海は、空と溶けてどこまでも青く見えました。

Spring 2011 017
お弁当には前日の夕飯に母が作った巻き寿司を持ってきました。
切れてなかったら丸かぶりですが、ちゃんと切ってきたので食べやすい。
外で食べるご飯は格別です。
とても美味しくいただきました!

目の前の小さな祠には、カエルの置物がありました。
『無事帰る』ですね。
祠に手を合わせ、来た道を帰りました。

この日はとても穏やかな天気だったのですが、登山道口まで戻ってくると、杉の花粉が飛んでいるのを目撃してしまいました。
黄色い花粉が風に乗って動いていました。(これを読んでくしゃみが出たらゴメンナサイ)
これを見て、今年も発症しなくて良かったなぁと痛感しました。

気持ちのいい山歩きが終わったら、やっぱり温泉。
諦められず少し離れた温泉まで行きました。
露天風呂で、うっかり足を滑らせドボンしてしまいました。
腕をすりむき、しばらくはヒリヒリ痛かったです。
どんなときも足元には要注意です。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニリンソウが見頃です | HOME | 梅雨入りと台風>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。