上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

山頂トリップ

GW後半は、比較的穏やかなお天気に恵まれました。
歩いていてもやっと暖かさを感じられるようになってきました。

天気のいい日の上高地。
何年居ても、毎日見ても、穂高の美しさには飽きることがありません。
今日はそんな稜線へ違う目線から招待したいと思います。

2011y05m08d_071443168.jpg
河童橋から見える穂高連峰。
この場所から、日本で3番目に高い奥穂高岳がどこにあるのか分かる方は、かなりの上高地通だと思います。
富士山や槍ヶ岳など、見る場所が変わってもすぐに分かる特徴のある山がある一方で、どこが何の山だか分からなくなってしまう山頂もあります。

奥穂は、画像中心部の真っ白く平らに雪が付いている部分です。(山頂は少し左寄りになります)
そして西穂高岳は画像の一番左側の尖っている山です。
平面的に見ると、標高3190mの奥穂より2908mの西穂のほうが高く見えます。
上高地から見ると西穂のほうが手前に、奥穂のほうが遠くに位置するためにそのように見えるのです。

GWや夏休みなど、パークボランティアさんが活動しているときには、ビジターセンター前の広場で望遠鏡を覗くことが出来ます。
その望遠鏡で山頂を見させていただきました。

2011y05m08d_071217651.jpg
奥穂高岳の山頂です。
まだまだ山頂は真っ白な雪に覆われているのが良く分かります。
雪原が広がっているように平らに見えますが、今の時期には冬山の装備と、かなりの技術を要します。
真ん中やや右よりの、盛り上がっている部分が山頂のお社です。

2011y05m08d_071148916.jpg
西穂高岳の山頂です。
こちらは斜度があり日当たりもいいので、かなり山肌が露出してきています。
しかしこちらも、まだ雪と氷に覆われた場所です。

望遠鏡を覗かせてもらったのが15時過ぎだったので、どちらの山頂にも人の姿が見られませんでした。
夏になれば、この季節よりもっとたくさんの人が立っている姿も見られます。

たくさんの人が望遠鏡を覗いていらっしゃいました。
山から下ってきて、ここで稜線を見上げて山の様子を教えてくださった方。
憧れの山頂に人の姿を見つけ、感動されていた方。
ほんの少しのやりとりの中で、多くの方の笑顔が見ることが出来ました。

視線を変えて見てみると、新たな発見があります。
自宅にある双眼鏡を手に上高地を散策すると、また違った見方が出来そうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<かっぱからのお願い | HOME | 島々谷の春>>

この記事のコメント

15日日曜日上高地河童橋周辺を主人と観光バスツアーで訪ねます。

10年前に子供たちと明神池まで散策したのですがいつまでも変わらない風景で懐かしいです。
上高地は清らかですがすがしく大好きな場所です。

翌日は乗鞍スカイラインにも行きます。
まだ開通したばかりで雪の壁がどのくらいの高さなのか楽しみです。

映画「岳」も見て感動しました。
小栗旬さんはかっこよかったです。
穂高の山々が素晴らしく雄大でした。

当日奥穂高が雲に隠れないと良いのですが・・・。
2011-05-13 Fri 18:43 | URL | ハッチ #-[ 編集]
☆ハッチさん

コメントありがとうございます。

昨日まで降り続いた雨が上がって、今日は晴れるかなと思っていたのですが、風が強く肌寒いです。

新緑が始まったばかりで、新芽がたくさん見られる上高地ですよ。
上高地に入るまでの道沿いが、新緑真っ只中で素敵なバス移動になるのではと思います。

明日は、晴れる予報です。
朝晩は冷え込みますので、ちょっと暖かい服装の用意をお勧めします。
乗鞍の雪の壁も、きっとダイナミックで迎えてくれることと思います。

穂高がすっきり見えることを祈っています。
素敵な旅行になりますように。
2011-05-14 Sat 13:33 | URL | うみ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。