上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第43回上高地開山際

4月27日に、上高地開山祭が行われました。
今年で43回目を迎える開山祭。
当日は、前日まで寒くて吹雪いていた悪天候が嘘だったように回復し、暖かくなりました。
快晴とまではいかなかったけれど、神事が始まる頃には河童橋の向こうには穂高の稜線も顔を出し、お祭り日和になりました。

Kamikochi by Kiss4 007
河童橋のたもとに用意された祭壇と会場を取り巻くように、たくさんの人が式典が始まるのを待っていました。
残雪が盛り上げられた小高い場所にいた友達を見つけたので、その横に立つことが出来ました。
なかなかいい場所です。

Kamikochi by Kiss4 005
黙祷が終わって、オープニングを飾るのは乗鞍高原アルプホルンクラブさんです。
アルプホルンの長い筒の先から、繊細な音が生まれ共鳴し、上高地の景色に溶けていきます。
山岳地域にぴったりの、素朴な音が響いていました。
途中、アコーディオンが軽快なメロディを奏で、雰囲気を盛り上げていきます。

その後、穂高神社の神主さんに上高地と山の安全祈願をしていただきました。
関係者による玉串の奉納もあり、厳かな雰囲気になりました。

来賓の方の挨拶、河童橋の真ん中での鏡割り、梓川へのお神酒の献上。
そして、獅子が舞って祭りに華を添えました。

上高地に来て、清らかな梓川の流れと山々の景色を見て、胸いっぱいに新鮮な空気を吸って欲しい。
さらに上を目指す人には、安全な山歩きをして欲しい。
そんなことを祭事の間じゅう考えていました。


祭事が終われば、野宴が始まります。
天気が良ければ小梨平キャンプ場で行われるのですが、前日までの積雪などの影響でインフォメーションセンター周辺で行われました。

Go!Kamikochi 2011 106
ヒノキのマスにはお酒が並々と注がれます。
それを片手に、焼き鳥や焼きそばをもう片手に。
仲間たちとおしゃべりが弾みます。

ここでシーズン始めに会う方も多く、「今シーズンもお世話になります」と会う人会う人に挨拶をしました。
そうしてシーズン始まりを実感するのです。

Go!Kamikochi 2011 107
煙と格闘しながら、熱々の焼き鳥を振舞ってくれるお兄さんたち。
開山祭の定番メニューです。
ごちそうさまでした。

少しお神酒をいただいて、お昼を食べて、この場を後にしました。
日が傾く頃には、再び空は厚い雲に覆われ、雨粒が落ちてきました。
開山祭のための天気回復だったかのような、奇跡的で不思議な空模様でした。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<開山祭の、その続き | HOME | 山の季節の到来です>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。