上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

白い花ざかり

梅雨の上高地ですが、植物はぐんぐんと成長しています。
こんなところでも、季節の移り変わりを感じることが出来ます。

気が付けば、7月も半ばにさしかかろうとしています。
上高地入りしてから、あっと言う間に今日まで来た感じです。
ふと立ち止まって、時の速さを感じることはあるけれど、流れを止めることは出来ない。
気が付いた時にはまた随分と時間が過ぎ去っているのでしょうね。


カンボク2
明神館さんの前にある大きなカンボクの木です。
花は『オオカメノキ』に似ていてます。
赤い実がなるところも似ています。(カンボクの方がつやがあります)
カンボク1
『オオカメノキ』との大きな違いは、葉っぱです。
カンボクは葉がカエデのような形をしています。
今年は見事に咲いてきれいでした。

オドリコソウ
オドリコソウ。
きれいな群生が見られるのは、徳沢周辺や、横尾から本谷にかけての登山道です。
ニリンソウが咲き終わった後の土壌に、オドリコソウが成長し花をつける場所が多いようです。
葉は、大葉(しその葉)みたいな形をしています。

ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ。
日陰でも見られ、上高地周辺から標高が上がった登山道でもよく見られます。
花が咲く株と咲かない株があり、咲く株は葉が6枚、咲かない株は4枚です。
花が終わると赤い実をつけます。

カラマツソウ
カラマツソウ。
今、上高地界隈で一番存在感のある植物かもしれません。
胸くらいの高さに成長し、白い花をつけています。
花びらに見えるのは雄しべで、その集まりがカラマツの芽吹きに似ていることからこの名前がつきました。
小さな線香花火のようでかわいいです。

深緑になりつつある上高地です。
緑の中に白い花がよく目立ちます。
これからますます緑が深くなるのですが、最近もっぱら悩みのタネは『蚊』。
やぶ蚊の勢いがすごいです。
私はいつもこれにやられ、刺された周りがパンパンに腫れて治らなくなります。
飛び火もします。
今年もすでにやられました。
対策を練らなければ…と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トイレが完成しました | HOME | ショウキラン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。