上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ショウキラン

今年もきれいな花が見られるかなと、楽しみにしていた植物のひとつに、ショウキランがあります。
ショウキラン1


ショウキランの話を同僚としていたら、うちの主任が「その花ならうちの庭にもあるぞ」なんて言うのです。
たまたま友達と電話をしていた時、外をうろうろしていたら、草むらの奥に濃いピンク色の物が見えました。
こんな近くにお目当ての花があるなんて!!
このことを教えてくれていたのです。
知らなかった自分にちょっとガックリ。
灯台下暗しですね。
でも、ここなら誰にも採られたりしないなと安心しました。

ショウキラン2
徳沢で育っていた、ショウキランです。
この間キャンプをした時に成長ぶりを見に行きました。
シナノザサに隠れた感じで生えていたのですが…、ショウキランが見えるようにするためでしょうか、花の周りだけ草が刈ってあるのです。
ショウキランは葉緑素を持ちません。
光をあまり必要とせず、なにかの菌と共生することにより栄養を補い成長するのです。
草むらの中でよく見かけるのも、そのためです。
むき出し状態のショウキラン。
まだ咲き始めの花も、先の方が茶色くなって色あせてしまい元気がありません。
今年はこれで咲かずに終わってしまうかも。
そう思ったら、とても悲しくなりました。

花を思ってやったことなのか、写真を撮りやすくするためなのかは草を刈った本人にしか分からないことですが、植物は自生しているのです。
そこが自分の環境に合っているから、成長し大きくなるのです。
ここで咲く花たちは、ガーデニングなど人間が手間隙掛けて育てて作る美しさとは違うのです。
だからこそはかなくて美しい。
だからこそ見守っていたいのです。
来年もその先も、ここでずっと咲いていて欲しいから。
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<白い花ざかり | HOME | 河童橋のたもとで愛を誓う>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。