上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

晩秋の嵐山観光

愛宕山から下ってきて、登山口の清滝に戻ってきたのが午後2時。
京都の街をぶらりとするには、まだ充分に時間があります。
そして寄り道欲が出てくるのです(笑)

清滝から観光名所の嵐山方面へ移動することにしました。
移動手段はやっぱり徒歩です。
清滝トンネルはとても暗くて狭いので、トンネル上部へ迂回しました。

トンネルを過ぎると景色はガラリと変わって、かやぶき屋根のお土産屋さんなどが並ぶ通りになります。
建物も道も、何もかもが和風で京都らしく見えます。
店先からは、お香の匂いがしてきます。
側溝に落ちているモミジの葉が、さらに秋らしく京都らしさを引き立ているようです。

Long Holiday 2010 057
民家の玄関で出会った、小さなかわいい招き猫ならぬ拝み猫。
くり抜かれた庭石にも、猫にも趣を感じてしまいます。
こんな何気ないような計算されたような演出をふと見つけるのも、街歩きの楽しみです。

登山の時とは全く違うスピードで、観光客に混ざってゆっくりと歩いていきます。
そしてこの道沿いで出くわしたお寺は、あだし野念仏寺でした。
引き込まれるように拝観料を払い、中に入っていました。

あだし野【仏野】と呼ばれていた地域は古来より葬送の地で、弘法大師がこの地にお寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのが始まりだと伝えられています。
後に法然上人の修行の場となり、現在のお寺となったそうです。
境内の八千体ほどある石仏、石塔はあだし野一帯に葬られていた人々のお墓なのだそうです。
長い年月を経て無縁仏となり、あちこちに散乱していた石仏は集められ安直されたそうです。

Long Holiday 2010 064
境内に点在する石仏。
コケで覆われた緑のキャンバスには、モミジの赤で染められていました。

Long Holiday 2010 065
念仏寺のモミジは、どこよりも真っ赤に染まって見えました。
「これが求めているモミジの色!」と言える燃えるような鮮やかな赤色です。

Long Holiday 2010 075
真っ赤なモミジを見たあとの、竹林の緑はとても新鮮に映ります。
丁寧に手入れされた竹林は、等間隔でまっすぐに伸びていました。
鮮やかな秋の景色とはまた違う、凛とした日本の風情がありました。

Long Holiday 2010 079
念仏寺入り口の石段では、モミジゲートがお出迎えしてくれます。
たくさんの人がここで写真を撮っていました。
京都観光のお土産と思い出に…と、きれいな落ち葉を拾っていらっしゃる方もいました。

あだし野念仏寺をあとにして、渡月橋を目指して歩きます。
とても狭い路地に車が進入して立ち往生してしまう光景も目撃しました。
しかし、どこを歩いても人、人、人。
小さなお寺へもたくさんの人が歩いていき、きれいなモミジの周辺にもカメラを構えた人でいっぱいです。
おしゃれなカフェももちろん店内は人でギッシリでした。

少しお腹が空いて休憩したかったけれど、どこも人があふれているので、どうにもならない気分になってしまいます。
ストイックに歩き続け、嵐山公園に到着です。
広い敷地内にある、建物の玄関にいた兎さん。
2011年を待っているかのような、そんな出で立ちです。
Long Holiday 2010 082

公園を抜けると、保津川に出ました。
嵐山の一番名所、渡月橋はたくさんの人と車で大混雑でした。

Long Holiday 2010 087
渡月橋を望む景色。
モミジは猛暑で日焼けしすぎたようです。
赤色というよりは茶色に見えました。

ボートに乗ったり人力車に乗ったり、歩いたりとみんなそれぞれの嵐山観光を楽しんでいました。
私ももちろんよく歩き、久しぶりの京都観光を満喫しました。



♪おまけ♪
お腹が空いていたので、思わず屋台に飛びつきました。
割り箸に刺さった大きな団子3兄弟。
Long Holiday 2010 089

この大きいみたらし団子を頬張りながら、JR嵐山駅まで歩いて帰路につき、京都観光を終えたのでした♪



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<イルミネーションに染まる | HOME | 愛宕山、初登頂>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。