上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

西のイチョウ、東のイチョウ

京都に行って、ほんの少しでも時間が出来ると西本願寺に寄ります。
最近、大掛かりな修復工事がやっと終わって、立派な姿がよみがえりました。

Early Winter 2010 by Kiss 012
境内に入ると、大イチョウが見事に色付いていました。
大きくてまあるくて、黄色い…見たまんまの感想になってしまいました(苦笑)
歴史ある建物の中にあるだけに、このイチョウにも長い歴史を感じられます。

Nov.2010 etc 290
ちょうど夕暮れ時だったので、西からの日差しがまるで後光を射しているように見えます。
イチョウの濃い黄色をよりいっそう引き立てていました。
落葉し、敷き詰められた砂利を少しずつ黄色に染め始めていました。

Nov.2010 etc 293
この景色を全く予想していなかったので、サプライズなプレゼントでした。
記念撮影をしている人たちに混じって、遠くから近くから、見事な色付きを眺めていました。


西本願寺からそのまま七条通りを東へ歩き、京都駅前に移動しました。
まだ閉門までに時間があったので、東本願寺にも行ってみました。
こちらは現在、お堂が改修工事中。
お堂を囲う大きな足場の大きさに、改めてお堂の大きさも実感することが出来ました。

東本願寺前の烏丸通りにもイチョウ並木があります。
西本願寺のイチョウが見事だったので、こっちもきれいに色付いているのかなと思っていたら、完全に落葉し終わっていました。
ほとんどの樹は枝だけになっていました。
西本願寺と東本願寺は1kmくらいしか離れていないのに、イチョウの姿の差には驚かされました。

Early Winter 2010 by Kiss 020
けれど足元を見てみると…夏は芝生が広がる広場は黄色く染まっています。
サクラの赤い落ち葉がいい感じにアクセントになって、とてもきれい。
やさしい干し草のような落ち葉の匂いもしてきます。

Early Winter 2010 by Kiss 024
車道の間に南北に細長く伸びる広場は、うまく敷き詰めたかのように落ち葉がびっしり。
これが本当の落ち葉絨毯です。
鮮やかでフカフカのナチュラル度100%の絨毯。
ゴロゴロしたい気持ちがありましたが、落ち葉の間に見え隠れするギンナンの実が気になって寝転がるのを止めました(笑)

Nov.2010 etc 299
広場から南を見ると、京都駅と京都タワーが見えました。
都会の喧騒と歴史的建造物の間の不思議な空間で、イチョウの黄色に心まで染まることが出来た気がします。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森の警鐘 | HOME | 雪の便りと初滑り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。