上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪の便りと初滑り

12月9日、日本列島に寒波がやってきました。
愛媛県も寒波の影響を受け、各地に初雪をもたらしました。
地元に帰ってからずっと小春日和のような暖かい毎日が続いていたせいか、急に寒くなってブルッと身震いが…。
寒さについていけません。

それでもやっぱり、ニュースで『県内各地で初雪のたより』と見ると落ち着かなくなってしまいます。
次の日には、県内で一番早くオープンしたスキー場に足を運んでいました。

久万高原にある、久万スキー場までは家から高速を利用して2時間かかります。
前日の積雪が20cmあったとニュースになっているだけあって、松山市内から久万高原に続く三坂峠は、真っ白になっていました。
スキー場までの急な上り坂は、解けた雪がスケートリンクのように固まってツルンツルン。
無理のない運転をしていても車の後部が滑ってズレる感覚に、苦笑いするしかありませんでした。


Long Holiday 2010 144
スキー場に着いて最初に目に付いたのは、ゲレンデの端にある、すっかり葉の落ちた樹。
うっすらと樹氷が出来ていました。
寂しいはずの裸の枝には真っ白で繊細な氷の花が咲いて、儚く美しい冬の樹に変わっていました。
快晴になった青空と、凍った枝先の白さがとてもきれいでした。

ゲレンデは、人工降雪し圧雪されたバーン上に、天然の雪が積もった状態です。
足元からは歩くたびに、キュッキュッと雪の締まる音がします。

Long Holiday 2010 148
ゲレンデ上部からの眺めです。
緩斜面に見えますが、ほどほどの斜度があり滑りやすいバーンです。

ここ数年は、いつもこのゲレンデで初滑りをするようになりました。
信州のように、滑走距離が長いわけでもパウダーに出会えるわけでもありません。
それでも、温暖なイメージのあるこの場所で12月入ってすぐにオープンしてしまう、気合いの入ったゲレンデを応援したくて来てしまうのです。
その気合いを分けてもらいたいのもあります。

この日のゲレンデは、滑りやすくて気持ちが良く、とても上々のコンディションでした。

Long Holiday 2010 150
日が高くなるにつれ、気温はぐんぐん上昇してきます。
暖かくなるのはいいのですが、雪が緩むのも早くなってきます。
空にはだんだんと薄雲が出てきて、面白い形を作っては流れていきました。

Long Holiday 2010 155
リフト山頂の眺めです。
おだやかな、気持ちのいい景色でした。

初滑りを無事に終え、冬へ向かってまっしぐらです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

故郷の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<西のイチョウ、東のイチョウ | HOME | 京都トレイル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。