上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大カエデの樹

長野県側から上高地に続く、国道158号線沿いには大きな樹がたくさん見られます。
その樹の中でも、この季節になると目に飛び込んでくるのは、鵬雲崎と呼ばれる場所にある大きなカツラの樹です。

国道から見下ろした場所から樹は大きく空へ向かって伸び、大きなトラックをも軽々と覆ってなお上へ横へと枝を広げています。
黄色く色づいてくると、「甘い匂いがするのかなぁ」と通りすぎる時に窓を開けてみたくなります。

Oct. 2010 131
カツラの近くまで行ってみると、枝の向こう側には稲核ダムが見えました。
あぁ、今年もこの黄葉が見られたなぁ。
そう思うと、季節の移り変わりを感じるとともに、自分のお気に入りの樹の紅葉・黄葉を毎年見ることがイベント化していることを感じます。

カツラの樹が見られる鵬雲崎周辺の道端には、落ち葉がたくさん降り積もっています。
その量は、絨毯なんてものじゃなく、まるで落ち葉の布団を積み重ねたようです。
大きな車が通り過ぎるたびに、落ち葉はクルクルと巻き上がり車の後ろをついていっているように見えます。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<○○の秋 3 | HOME | 彩りゆくハウチワカエデ 2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。