上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

色づく涸沢 4

3連休の翌日には帰るつもりだったのですが、いい天気が続き宿泊予約が増加していたため、もう1日滞在し引き続きお手伝いをすることになりました。
この日も穏やかな秋晴れに恵まれ、日中は程よい陽気に包まれていました。
外でのんびりしても、寒くならないのが嬉しい。

秋満載!in Karasawa 078
昨日に比べてまた紅葉が減っています。
また秋が終わりに近づいていくのが分かりました。
涸沢小屋の左側に横に丸く広がっている樹林帯は、中心部のダケカンバが落ちて茶色が目立つようになりました。
奥穂へと続く登山道がその樹林帯にあるのですが、葉が落ちて人の行き来が遠目からでも分かるようになりました。
上部のハイマツは濃い緑のままで、左下の黄色が真っ盛り。
そして、昨日までびっしりと張られていたテント場は閑散として見えます。

この日の休憩時間は、ヒュッテから少し上がったパノラマコースを歩いてきました。
おわんの中は、写真や動画の撮影する人でいっぱいです。
それでも連休の混雑がなくなり、時間がほんの少しのんびり流れている気がしました。

2010 Oct. by Kiss 083
日当たりのいい場所で、真っ黄色に色を変えていたのはナナカマド。
実と茎が真っ赤なのに、葉は少しオレンジ色をした濃い黄色でした。
赤くならなかったのは今年の夏が暑かったから?
それでも、見事な黄葉です。

2010 Oct. by Kiss 085
ダケカンバの黄色がきれいに出ています。
太陽に当たってキラキラでした。
この黄色を撮ろうと、カメラマンが大きな岩の上で三脚を立てて写真撮影していました。

2010 Oct. by Kiss 086
今年は穂高の稜線を歩く機会がありませんでした。
下から見上げる涸沢槍は、つんとしていて凛々しい。
それをさらに盛り上げてくれるのが、四季折々の色づきです。

2010 Oct. by Kiss 097
前シーズンに、生活し働いた涸沢小屋。
岩と一体化しているようにも、守られているようにも見えます。
お気に入りの1枚が撮れました。
今回、涸沢に滞在している間に、時間が無く小屋へ挨拶に行くことが出来ませんでした。
今シーズンもみんな仲良く一生懸命に働いたことと思います。

2010 Oct. by Kiss 098
ちっちゃなコラボレーション。
幼木のナナカマドとダケカンバです。
大きく育って、もっともっと人を魅了してくれるといいな。

この日のヒュッテは、団体の登山客と個人で登って来られた方と合わせて300人を超す夕食を提供しました。
連休が終わっても賑わっていました。


いよいよ、下山する日になってしまいました。
ハードな毎日でしたが、ぎっしりと充実した日々でした。

秋満載!in Karasawa 082
モルゲンロートが出ました。
一昨日の朝焼けとはまた違った色合いです。
今日もまた1日が始まります。

朝日がモルゲンロートを創りだし1時間が過ぎても、おわんの中には日が射してきません。
秋は日が短いけれど、ヒュッテに日が当たるのはもっともっと短いのです。

2010 Oct. by Kiss 105
ようやく、小屋に日が当たろうとしています。
北尾根のシルエットがくっきりと分かります。
また落葉が進み、景色が変わりました。

朝食が片付いて自分の荷物をまとめ、いよいよお別れの時です。
私の他にも、連休中に手伝いに来ていた3人が一緒に下ることになっていました。
社長に挨拶をし、みんなにも挨拶をします。
ちょうど掃除が始まった頃でしたが、みんな出てきて見送ってくれました。

「またね。もう少し下山まで頑張って」と言いながら、女の子たちとはハグをしました。
今年はもう涸沢に再び登る機会は無いかもしれないけれど、「さようなら」という感じではなかったから。
きっとまた、みんなにも会える気がしたから。

秋満載!in Karasawa 092
名残惜しく時々振り返りながらも、一気に下っていきます。
東側からの射光がちょうどダケカンバに当たってきれいでした。

今年は猛暑と少雨の影響が、どれだけ色づきに影響が出るのだろうかとずっと心配していました。
山によってはいい色にならなかった場所があったようですが、暑さのお陰で濃い色が出て美しい景色を作り出した場所も多かったようです。

秋満載!in Karasawa 104
本谷橋を過ぎ、横尾へ向かう途中で見える屏風岩。
今まで見たこと無いくらい、上から下まで赤くなっていました。

涸沢はこれから、晩秋になり冬になります。
秋は一気に下ってきそうです。
上高地での気が付けば1ヶ月を切っていました。
秋と同じく、急ぎ足で過ぎていきそうな毎日をしっかり送って行きたいと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<○○の秋 2 | HOME | 色づく涸沢 3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。