上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

燕岳へ行ってきました 3

中房温泉から燕岳への往復では、たくさんの生き物に出会いました。
ざっと紹介したいと思います。


Later Summer Holiday 070
こげ茶と水色の羽がとても印象的できれいです。
チョウの中で一番好きです。
上昇気流に乗って大移動をする、アサギマダラ。
上高地でも、もっと標高の高い稜線でも出会うことが出来ます。

Later Summer Holiday 089
もう少ししたら真っ赤に色づくはず。
今年は猛暑でしたが、どんな赤に染まるのでしょう。
ナナカマドは、朱の実をたくさんつけていました。
合戦小屋のトイレを覆うように生えていて、トイレがおしゃれに変身しているようでした。

Later Summer Holiday 090
キク科の植物、ゴマナです。
すらっと1mくらいの背丈になります。
上高地でもよく見かけるこの花は、そろそろ終わりに近づいていました。

Later Summer Holiday 094
真っ赤なつやつやの実を付けているのは、タケシマランです。
葉の下に、まん丸の実をつけている姿がとてもかわいい。
見つけるたびに、美人に撮ってやろうと思ってしまいます。

Later Summer Holiday 093
掘り切り状態になっている登山道の脇で見つけた花。
なんだろうと図鑑で探していたけれど、花と葉の様子からツルリンドウかな…と思っています。
地面などに絡んで生えていたかどうかは確認しておらず(オイオイ…)確信はないですが、そうなのじゃないかなと自己満足の納得状態(苦笑)

Later Summer Holiday 096
秋になってくると、山で見かけるのはリンドウの仲間が多くなります。
オヤマリンドウです。
全てが星型に開花しそうなイメージですが、大きくは開かない花なのだそうです。

Later Summer Holiday 097
登山道では、たくさんのキノコに出会いました。
キノコの種類にはとても疎いので、どれが食べられるのか、なんと言う名前なのか分かりません。
間違って毒キノコを食べてしまったらと思うと、そちらの方が怖くて中途半端に手を出せない気がするのです。
オレンジ色の発色のきれいなキノコです。
私にとってキノコは観賞するだけで充分満足します。

Later Summer Holiday 253
稜線のハイマツの中で見つけた、かわいい実を付けた植物です。
丸い葉なので、『コメバツガザクラ』の実かしら?と思っていたのですが、図鑑を見ているとちょっと違うみたい。
あれ?これがコケモモ!?
コケモモジャムやコケモモ酒はとても美味しいので、知っていたら絶対に味見したのに(涙)
次に見つけたら、ひと粒いただきたいものです。

Later Summer Holiday 254
クリーム色に黒い斑点がついた様子が、筆先のようです。
トウヤクリンドウです。
この花も大きく開花はしないようですが、固い蕾を開いているのを今だかつて見たことがありません。

Later Summer Holiday 258
こちらのキノコ、間違って回転させたように見えますが、そうじゃないのです。
木の根が大きく張り出した状態の下部(裏側)にコケが生えていて、そこから下に向かってキノコが顔を出していたのです。
傘の部分は手触りが良いビロードをかぶせたような感じ。
かわいいキノコちゃんでした。


これから秋、冬に向かっていく山はどんどん植物は冬を越す準備に取り掛かります。
花は無くなり、多くの樹は紅葉し落葉していきます。
季節が移ろい行く山を少しでも見ていきたいと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋を食べる | HOME | 燕岳へ行ってきました 2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。