上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

梅雨の休暇は上京します 2

【上京 2日目】
ゆっくりと目覚めた2日目は、鎌倉に行きました。
外は太陽がすっかり昇って、梅雨の晴れ間になったようです。

電車に揺られて鎌倉へ向かいます。
北鎌倉駅で下車し向かった先は…明月院というお寺です。

今回、遊びのプランを伝える際にリクエストしたのは、『和』を感じたいということ。
そして、その時たまたまテレビにアジサイが見頃と出ていたので「アジサイが見たいんだけど」ということ。

鎌倉のアジサイは6月下旬が一番見頃を迎えるそうで、「ちょっと遅いかも…」との返事でしたが、とりあえず行ってみようかと『あじさい寺』としても有名な明月院に行くことになったのです。

北鎌倉の駅から線路沿いに歩き、小さな川のそばを歩いていきます。
お寺に続く道沿いにもアジサイが咲いていて、とても雰囲気のいい道でした。
アジサイを見ようと訪れた観光客がたくさん歩いているのに、なんだか静かに感じられます。

休暇 July.2010 041
拝観料を払い入り口をくぐると、小さな橋にはうさぎさんがいました。
『明月』と名のつくお寺なので、月とウサギを連想させているようです。
すっかり景観に溶け込んだうさぎは、何を見ているのでしょう。

休暇 July.2010 045
正面に伸びる石段。
両側にはアジサイで埋め尽くされています。
少し咲き終わりになっていたけれど、それでも充分に見ごたえがありました。

休暇 July.2010 047
門の柱に、中庭の途中に生けられていた野草。
とてもすてきなおもてなしの心が伝わってきます。

休暇 July.2010 060
明月院のアジサイは青がメインなのだそうです。
咲き始めは薄かった青色からだんだんと濃くなるそうです。
大輪のアジサイはとても存在感があり、青色がとてもきれいでした。

アジサイでしっとりとした和を愉しんだら、ぶらりと散歩です。
鎌倉駅へと続くメイン通りは車が行きかい、修学旅行生や観光客で賑わっていました。
次に向かうのは、建長寺です。
緩い坂道を登りきったところにお寺はありました。

しかし時間はお昼をまわっていて、入って見学するにはほんの少しエネルギー切れのようです。
周辺には腹ごしらえ出来そうな、私たちに合う手軽なお店がなかったので、甘味処に入ってしまいました。
そして注文したのが、クリーム宇治金時。
カキ氷を久しぶりに食べました。
休暇 July.2010 065

アイスクリームも氷もおいしくて、頭がキンキンしているのにどんどん食べました。
水分と糖分を補給して、もう少し炎天下の中歩くことが出来そうです。

建長寺には初めて訪れます。
鎌倉幕府5代執権・北条時頼によって創建された禅宗のお寺です。
門の大きさに圧倒され、きらびやかさは無いものの、しっかりとした造りに見入ってしまいます。

お寺の中に入ると、暑かった空気が少し引き締まったような感じがします。
暑い中にも、お寺独特の凛とした空気が張り詰めているような気がするのです。

法堂の中は開け放たれていました。
湿気対策でしょうか。

休暇 July.2010 071
最近チベットより奉納されたという、修行僧の像。
やせ細ってあばら骨が浮き上がり、修行の苦を表現しているそうです。
こんな像は初めてです。
そしてなぜか惹きつけられました。

建長寺を後にし、さらに歩いていきます。
鶴岡八幡宮の境内に入りました。

シンボルともいえる大銀杏が倒れてしまったのはまだ記憶に新しい出来事です。
1月に来た時は元気に大枝を広げていただけにかなりショッキングでした。

休暇 July.2010 076
そんな大銀杏が生えていた場所には、移植された枝たちがたくさん葉をつけていました。
この中から元気な枝が選ばれ、次世代の大銀杏が育っていくのです。

休暇 July.2010 077
倒れた幹は、階段の下に移され、ここからもたくさんの小さな命が芽吹いていました。
大銀杏が無くなってしまったのは悲しいけれど、こうして命が繋がっていってるんだなぁと生命の輪廻を感じました。

鎌倉駅の裏に回り、商店街を歩きます。
雰囲気のいいカフェを見つけて遅めのランチをいただきました。
もっともっと時間をかけて、色々まわれたらいいのにと思いながらも、もう日は傾き始めています。

最後の目的地は、鎌倉の大仏様。
高徳院へ向かいます。
胎内拝観も出来るのですが、時間が遅くもう終わっていました。

休暇 July.2010 089
建てられた当時は大仏殿があったそうで、その跡の礎石に腰かけながらしばらく鎌倉大仏を眺めていました。
とても気持ちのいい風が海の方向から吹いてきます。
ゆっくり日が落ちていき、大仏様の影も濃くなっていきます。
拝観終了間際の時間なのに、次々と人がやってきて写真に収めていました。

高徳院から海に向かって歩きます。
今日は本当によく歩いたね、そんな話をしながら。

帰りは江ノ電に乗ることにしました。
その前に、由比ガ浜海岸に行ってみました。

休暇 July.2010 099
海岸が人でごった返すのはもうすぐそこ…と思っていたら、びっくりするくらいたくさんのサーファーが海に出ていました。
波待ちの人がたくさん浮いています。
人が多すぎて、波に乗れるのかなと心配になるくらいですが、ここではこれが日常の風景なのでしょうか。

休暇 July.2010 125
すっかり夕暮れになり、電車に乗ります。
夏になったら本当にすごい人が利用するらしいのですが…。
この日は静かな1日の終わりをゴトゴト揺られながらしばし時間を楽しむことが出来ました。

鎌倉を歩いて歩いて、13km以上。
それでもまだ歩き足りないと思うのは、魅力的な場所がいっぱいあるから。
また遊びに来たいと思います。


a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<梅雨の休暇は上京します 3 | HOME | 梅雨の休暇は上京します 1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。