上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

焼岳植物紀行

焼岳登山道もすっかり夏道に。
植物もたくさん顔を出し、すっかり夏山シーズンに入っていました。


Mt.Yake June.2010 031
ゴゼンタチバナが見頃になっていました。
登山道沿いにずっと生えています。

Mt.Yake June.2010 035
雪が融けてすぐの春先にはフキノトウとして生えていたフキの芽は、グングン背が伸びて花が咲き種が出来ていました。
ふわふわの種子はもうすぐにでも風に乗って飛び立ちそうです。

Mt.Yake June.2010 038
オオバミゾホオズキが元気に群生していました。
ハシゴ場下の小さな木陰で、鮮やかな緑の葉と黄色の花が疲れてきた自分に元気をくれます。


Mt.Yake June.2010 032
登山道の下のほうで見つけていたイワカガミ。
花をたくさんつけて、頭を垂れています。
あまりにも重たそうなその姿に、覗き込んで写真を撮って、花を数えてみたら…なんと10個も鈴なりについていました。
「そりゃ重いわ…」思わず独り言(笑)
それでも一生懸命咲いている、健気な姿がとても印象的でした。

Mt.Yake June.2010 051
ハシゴを登り終え、ササの広がる斜面に出たところで、またイワカガミに出会いました。
あれ?ここのイワカガミも花がたくさん付いてるなぁ…。
じっと見ていると、どれもこれも花いっぱい!
イワカガミってこんなに鈴なりだったっけ?
帰って調べてみると、3~6個の花をつけること、まれに10個ほどつけることもあるとのこと。

しかも斜面の大部分でピンク色になっていることに気付いたのです。
あっちこっちにイワカガミの群生がたくさん!!

Mt.Yake June.2010 078
小屋直下のササ斜面だけではなく、展望台から先の焼岳へ続く登山道周辺にも、あっちの崖っぷちにも、目の前の岩肌にも。
イワカガミだらけでした。
焼岳ならぬ、イワカガミ山にしたほうがいいんじゃないかと思ったくらいです(お相撲さんの名前のように聞こえます)
こんなにイワカガミが見られるとは思っていなかったので、びっくりしました。
この季節の焼岳はこれだけで圧巻です。


Mt.Yake June.2010 070
小さく煙が吹き上がっているところをそぉっと覗いてみると…。
スチームが出て、カメラはあっと言う間に曇ってしまいます。
さすがに顔を突っ込む勇気はありません。
そんな煙を吐くそばで見つけた小さな葉っぱたち。
水滴をたくさんたくさん付けていました。

Mt.Yake June.2010 114
オトギリソウです。
いつも花を中心に接写してしまいます。
オトギリソウにも何種類かあって、断定するのに決め手となるはずの葉が写っていなくて(しかもちゃんと見ていない)肝心な花の名前が分からずじまいのことも多々あります。
花だけでなく葉もしっかり観察しなければ…そう思っても、やっぱり花しか撮ってないのです(汗)

Mt.Yake June.2010 119
焼岳小屋の周りは、春でした。
ミネザクラがちょうど見頃になっていました。
まだまだお花見が出来る場所があるのです。
今年の花は小さくて、ちょっぴり遠慮がちな咲き方をしていましたが、サクラってやっぱりいいなと思います。

Mt.Yake June.2010 062
トゲトゲです。
まるでハリネズミのような、タラノメ。
これでは、さすがに天ぷらには出来ないですね(苦笑)
でも触ってみるとまだ硬いトゲではありませんでした。


Mt.Yake June.2010 128
焼岳の登山道は、大木が大きく枝を広げています。
大きな幹、大きな枝、それにたくさん茂った葉。
上を見上げると緑のひさしがあるみたいです。
木漏れ日がキラキラ光る中、気持ちよく歩くことが出来ます。

Mt.Yake June.2010 127
焼岳登山道に入って、15分ほどの場所にはたくさんのトチノキの大木があります。
ちょうど花が終わったところで、足元にたくさんの花びらが落ちていました。
その花びらに気が付き、ふと足を止めて見上げると、大きな枝を広げています。
大木の持つ生命力とそこからもらうエネルギーはすごいです。
安心出来て、気持ちが開放される気がします。

また時間があったら登りたい、密かに野望を抱いています(笑)



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<梅雨は食い気で | HOME | 梅雨の晴れ間に焼岳へ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。