上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続・カエル物語

◆これまでのあらすじ◆

うららか春探し 001●5月8日《カエルぴょこぴょこ?》より
冬眠から目覚めたばかりなのかちょっぴり寝ぼけたような、動きの鈍いアズマヒキガエルに出会いました。
湿地が近くにあるせいで、カエルくんはよく私の職場にも遊びに来てくれます。
オスが鳴き、メスを誘う蛙合戦がもうすぐしたら見られます。
♪おまけ♪で書いた、マガモを追いかけていたカエルはどうやら、自分の相手と間違えて追いかけていたようです。
マガモはきっといい迷惑だったことでしょう。


涸沢@5月 118●5月28日《アズマヒキガエルは大きいです》より
涸沢から帰る途中の道の真ん中で、大きい物体に遭遇。
アズマヒキガエルのオスメスが、くっついている姿。
あっちにもこっちにも…。
登山道の真ん中にあるぬかるみに産み付けられた卵塊…干からびちゃったらどうしよう。


こんなに話題になるとは思いませんでした、アズマヒキガエル。(苦笑)

徳沢ロッヂと三叉路になっている遊歩道辺りに、大きな水たまりが毎年出来ます。
ちょっと広いので、車が通っても水たまりを避けて通って行きます。
歩く人たちも、またげないくらい大きいので避けて通ります。
その中は濁っている事が多く、みんな目もくれません。
それを知ってか知らずか、そこにアズマヒキガエルが卵を産むのです。
先日、通りかかったら…う、動いた!?
黒いものが、うにょうにょしてます。
『うにょうにょ』の正体は、無事に孵ったアズマヒキガエルのオタマジャクシでした。
蝶ヶ岳 048


オタマジャクシは水田にいる、というイメージを見事に覆してくれます。
このオタマジャクシ、やっぱり今後が気になります。
またいつか話題に上るかも…ね。
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<親父ギャグ万歳!! | HOME | ニリンソウを楽しむ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。