上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツツジを愛でる

帰省している間、あまりいい天気に恵まれませんでした。
帰った翌日は快晴!後はあめ、アメ、雨…。
まるで梅雨のように、毎日毎日降ってくれました。
お陰で、部屋に籠もりっ放しです。

やっと晴れたある日、ドライブも兼ねて出掛けてきました。
新緑が少しずつ顔を出していて、風は少々強かったけれどとても気持ちのいい日でした。

コーヒーとおやつのドーナツを持って訪れたのは、自宅から南に30分ほど行ったところにある『南楽園』です。
バイパスが新たに延びていて、市街地をスルーして行けるのでほぼノンストップで快走でした。
ちょうど、つつじ祭りが開催されていて、色とりどりのツツジが次々に花を開いていました。

束の間の休み 017
南楽園はとても広い日本庭園です。
隅々まで手入れの行き届いた園内は、暖かい日差しが降り注いでぽかぽかでした。

束の間の休み 014
下から見上げるとてっぺんが見えない、大きなツツジ。
空まで届いてしまいそうです。

海に限りなく近いところにあるこの庭園は、海水と淡水が池の途中で混ざり合っています。
そんな池のほとりで、お茶をしました。
日本庭園だから、和菓子セットだったら雰囲気がさらによくなったかな…と頭の片隅で思いつつドーナツを頬張りました。
おいしくて、気持ちよくて、和やかな時間が過ぎていきました。

束の間の休み 022
みずみずしい花を眺めながら、ぐるっと園内を歩きました。

束の間の休み 015
咲いているのは、ツツジだけではありません。
オオデマリも真ん丸い真っ白な花をつけ、存在感をアピールしていました。

束の間の休み 021
フジも空に向かって枝を伸ばしながら、藤棚から大きな花を垂らしていました。
薄紫の花がこの日の優しい空の色と合って、とても綺麗でした。

自然の中の強く儚い小さな植物達を見ることもいいけれど、こんな日本のワビサビを表現した庭園をゆったり眺めるのもとてもいい気分転換になりました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

故郷の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<段々畑 | HOME | そうだ、京都いこう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。