上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

低気圧一過

低気圧一過です。
とても気持ちのいい青空が広がりました。
ドーン!!と秋晴れですね。
冬間近 011


小屋閉めの作業が続く毎日です。
女衆は小屋の中での作業ばかりなので、晴れるとウズウズしてきます。

時間が出来たら散歩に行きます。
もう何回こうして歩けるだろう…そんな風に思うたびに、なんだかしんみりしてしまうのです。

奥穂への登山道をまず登ると、涸沢槍が見える開けた場所に出ます。
大きな岩がいくつかあって、そのうちのひとつに登ってみました。
ちょっぴり気分がネガティブな時にその岩に登って太陽の光を浴びて、北尾根を見ていると気持ちが落ち着く場所です。

今日はその岩の上で大の字になってみました。
寝そべって山のぐるっと見渡すと、山の白さも空の青さも、立って見ている時と違う気がするから不思議です。
冬間近 007

太陽の光の温かさ。
岩のヒンヤリとした冷たさ。
一体化している気がする、包まれている気がする。
そんな気分になれます。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<下の廊下を歩く その5 | HOME | キャンバス・穂高>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。