上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最後の休暇

連休が終わって小屋閉め作業と同時に、順番にシーズン最後の休暇に入ります。

トップバッターで休暇を頂きました。
さて…何をしよう。
悩みながらの下山です。

とりあえず天気がとても良かったので、パノラマ新道から下ることにしました。
一緒に下った小屋の仲間達も、本谷・横尾コースと5・6のコル~奥又池コースにそれぞれ分かれていたので、新村橋で待ち合わせをすることにしました。


ヒュッテを通りがかったので、休暇の挨拶をしました。
「パノラマは凍ってるで、気を付けて」
そう言って、見送ってもらいました。

日の当たらない、パノラマ新道。
ずっと日陰で、岩肌から湧き出た水がそのまま凍っている箇所がいくつもありました。
大きなツララがつら下がって、時々落ちて砕けていました。
上も下も気を付けて…慎重に歩いていきます。

翌日から天気が下り坂との予報だったのですが、すでに槍の上空には筋雲が浮かんでいました。
Last Holiday 005

コルに出て分岐点で荷物を置いて、屏風の耳まで行ってきました。
時間が無い…ということに、耳に着いて気が付き、後でかなり焦ってしまいました(苦笑)

冷たい風が、汗をかいた背中を冷やしていきます。
それでも身軽になった分、気持ちよく登れます。

『屏風の耳』、誰が名前を付けたのでしょう。
『耳』と聞くとまだまだ途中といった感じですが、とても景色のいい場所です。

Last Holiday 017
北尾根に阻まれ、やっと日が射し始めたヒュッテ。
尾根の影がカールにはっきり刻まれていました。

ここから見ると、カールの形も沢の形もとてもよく分かります。
そしていつもは見えない北尾根の反対側の姿も…。
Last Holiday 018

すっかり葉を落とし、枝だけになったダケカンバ。
枝の白さが寂しい感じだけれど、びしっと並んだ山肌はとてもきれいです。

ずっと秋風に吹かれて眺めていたい雄大な景色。
はっと気づいた時には、時間が迫っていました。
慌てて分岐まで戻り、デポしていた荷物を背負って急ぎ足で下ります。

見通しが利く場所で、奥又から下ってきた仲間と思われる、3人の小さな影を見つけました。
「ヤバっ!」
叫んで気付いてもらいたいけれど、あまりにも遠い距離だったので、こちらが急いで下りるしかありません。
でもここでつまづいたりして怪我をしたらどうしようもないので、慎重に。
そして小走り…。
少々待たせてしまったようですが、なんとか無事に合流できました。


走れるところは走って。
そして次の日は太ももはしっかり筋肉痛になりました(笑)
普段山をどんなに歩いても筋肉痛になることは無いので、よほど足に無理があったのだと思います。

そんなお土産を一緒に、最後の休暇へ。
さて…何をしようかな。
悩みもおまけについてきました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<クラフト・ピクニック | HOME | ナナカマド・パレット>>

この記事のコメント

小屋閉め作業とかそんな時期なのね。
いつもなら『京都で会わない?』って話になるんやけど・・・。

またそのうちいろんな話聞かせてくださいな。
2009-10-20 Tue 23:55 | URL | つなみ #bGf9qjkw[ 編集]
☆つなみ

いつもコメありがとね。
そうです。
もうそんな季節。
おセンチに浸っている自分も同居している…そんな季節です。

京都で会えたらいいけれど、お互いそれぞれの道を歩いているからね。
今度はぜひ、新しい場所で会いましょう。

会いに行くよ。
ふたりでおしゃべりするのは私にとって大切な時間だから。
それはいつまでも変わらないからね。
2009-10-21 Wed 15:33 | URL | うみ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。