上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋を彩る植物 その1

この季節、紅葉や黄葉を目的として歩く方が多く、「花はもう無いでしょう」とおっしゃる方も時々いらっしゃいます。
けれど、足元を見たり、少し目線を上げてみたりするだけで、秋の装いをした色々な植物を見つけることが出来ます。

写真はテント縦走をした時と、涸沢まで戻ってくる時に撮ったものです。
少し前のものになりますが、今もきっと色んな植物を見つけることが出来ると思います。

ノコンギク
上高地から本谷橋までの登山道でよく見かけるノコンギクです。
薄い紫の優しい色合いがきれいです。
秋を最後まで彩ってくれる花です。

テントで縦走 005
針葉樹林帯の登山道でよく出会う、ゴゼンタチバナ。
春は白い総苞片を十字につけます。
秋になると、こんな真っ赤な実をつけ、登山者の行き来を見守ります。

テントで縦走 076
草の陰に生えていた、ウメバチソウです。
比較的標高が高く、日当たりのいい湿った場所でよく見られます。
秋の花で白い花はなかなか思い当たらず、とても清楚な感じがします。

テントで縦走 098
蝶ヶ岳までの樹林帯の中で見つけた、タケシマランです。
春先には葉の下に緑色の小さな花をぶら下げます。
秋にはさくらんぼのような真っ赤でみずみずしい実をつけます。

テントで縦走 148
大天井岳から西岳の稜線で見かけたオヤマリンドウです。
濃い紫色で筆のような形をした蕾は固く閉じたままで、咲いているものを見付けることが出来ませんでした。

テントで縦走 185
肉厚な葉が特徴のイワベンケイです。
槍ヶ岳のテント場で撮影しました。
少し赤く色づいたところにちょうど朝日が当たって、よりみずみずしく赤く見えました。

テントで縦走 214
アキノキリンソウです。
今の季節には山を歩いているとよく見かける花です。
黄色く小さな花がたくさんつきます。

まだまだ山を歩いているとたくさんの植物に出会います。
雪が降り、山が閉ざされる季節までもう少し。
最後の盛り上がりを魅せてくれる、植物たちです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋を彩る植物 その2 | HOME | 初ボルダリング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。