上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

進む紅葉

昨日、一昨日と稜線は厚い雲に覆われ、しっとりと雨が降っていました。
そんな日中は肌寒く、小屋の中ではストーブをつけることが多くなってきました。

そして雨が上がって晴れた時に山を見上げると、葉の色づきが進んでいるのがよく分かります。
雨が降るたびに、日が射すごとに、紅葉(黄葉)が加速していきます。

久しぶりに散歩に行きました。
今日の涸沢の様子です。
だんだん秋に 026

小屋の横は、とても色とりどりの森が出来上がっています。
しっとりとした秋というよりは、カラフルで楽しくなるような秋をイメージする色合いです。

毎日山小屋のHPの紅葉情報をチェックされている方もいらっしゃると思います。
タイミングを見て、山に登ろうと考えている方もいることでしょう。

今年は、雪が残り、梅雨が長引き、冷夏…その他もろもろの例年とは異なる気象条件が重なりました。
その影響でしょうか…ナナカマドに関しては紅葉の足並みが揃っていないようです。
真っ赤に色づくナナカマドの隣には、まだ緑のみずみずしいナナカマドが生えていたりしています。

だんだん秋に 032
それでも、一生懸命芽吹いて、緑の葉を茂らせ、実をつけ…それぞれ頑張って成長した樹たちの秋の集大成が目の前で見られます。
この景色が、この色が、今年の涸沢の紅葉なのです。

何度も足を運んでいる方からすると、ひょっとしたら「イマイチ…」と思われる景色かもしれません。
私も以前は、「去年の方がよかった」などと比べてしまうことが多かったです。
けれど、見方を変えれば、どんな風にも捉えられる。
感じ方は人それぞれです。
毎日変わっていく秋の涸沢を見られる場所にいるからこそ、紅葉を楽しく見られる見方をしよう。
そう思っています。

だんだん秋に 024
赤くなるのはナナカマドだけではありません。
チングルマの葉も色づいていました。
大人な赤と言ったイメージでしょうか。

だんだん秋に 023
まだまだこれから葉の色が染まっていきます。
毎日朝を迎え外を見るのが楽しみです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初ボルダリング | HOME | テントを担いで その4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。