上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

みんなで散歩

3連休の最終日、天気が良かったのでみんなでテラスでお茶をした後、散歩に行きました。


電話の応対をしているうちに、散歩に行くことに決まっていたようです。
「あれ?行かないの?」と留守番組に言われ、訳も分からず後を追う感じに。

さらに先に行っていた仲間に「早く!」と急かされ、気持ちもスッキリしないまま、「何なんだよ!?」と。
ちょっぴり腹を立てながら歩いていましたが、やっぱりそんな歩き方をしても全然楽しくないのものです。
そんな自分がとても悲しくなって、とてもじゃないけどみんなが待っているところまで走っていくことが出来ませんでした。
「自分、小さいなぁ…」山を見ながらボソボソッと、その後本音がどんどん出てきます。
感情が溢れて止まらなくなりそうでした。
ちょっと頑張りすぎて、心も体も疲れていたのかもしれません。

写真を撮ったり、植物を探したり。
下ってきた方に挨拶したり。

何とか気持ちを落ち着けて、みんなと合流し、涸沢内をグルッとひとまわりしました。
山を見たり、残雪の中を走ったり…しゃべったり。
そしてやっと、笑うことが出来た気がします。

小屋に戻ったら、テラスは賑やかでした。
そんな中に、懐かしい顔が。
去年一緒に上高地で働いていたSちゃんが日帰りで涸沢まで遊びに来てくれたのです。
Sちゃんの顔を見た時、本当に嬉しくて飛びつきそうになりました(苦笑)
短い時間でしたが、色々とおしゃべりをして元気をしっかりともらうことが出来ました。
来てくれてありがとう。
勝手にだけど、元気をくれてありがとう。

人と付き合うことは、時に傷ついたり、ひょっとしたら私も知らず知らずのうちに傷つけていることがあるかもしれません。
でも、落ち込んだ自分を元気にしてくれるキッカケをくれるのも人です。
そんな浮き沈みを繰り返すことがあるのもまた、人だからこそかも知れませんね。

自然と対峙している、こんな場所だからこそ、心がピリピリしたり、ほんわか温かくなったり、怒ったり、笑ったり…敏感に反応できるのかもしれません。

今度はもっともっと楽しい散歩が出来ますように。
またひとつ何かを学ぶことが出来た気がします。

散歩1

散歩2
小屋上部~ザイテングラートまでの様子です(7月20日現在)


a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今世紀最大の天体ショー! | HOME | 爽快な朝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。