上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

休日の過ごし方~燕岳編~

梅雨の晴れ間を狙って、燕岳【つばくろだけ】へ行ってきました。

早朝に中房温泉を目指すも、雨がパラついていました。
運転しながら、「行くべきかやめるべきか」悩みます。
駐車場に着いたら雨はさらに強くなったけれど、空は明るい。
勢いで準備をして登ることにしました。

燕は、北アルプス三大急登と呼ばれる『合戦尾根』で有名です。
けれど、第一ベンチ、第二ベンチ…と休憩するスペースが広くあり、山登り初心者でも歩きやすい山だと思います。
夏前の休暇など 083

樹林帯の中をひたすら登ります。
この日は日曜日ということもあり、前日に燕山荘【えんざんそう】で泊まっていた方とよくすれ違いました。
心配していた雨も上がって、道はぬかるみもなく快適に、絶好調で登ることが出来ました。

夏前の休暇など 090
合戦小屋の様子です。
ここはスイカが食べられることで有名なんだそうです。
この日も、天然水に冷やされたスイカが出番を待っていました。

夏前の休暇など 102
合戦小屋の横から、再び登山道を歩きます。
これが合戦尾根。
燕山荘は目の前…と言うより真上??

確かに急登かもしれませんが、この辺りからは視界が開けて遠くの山々を見ながら歩けます。

夏前の休暇など 104
手前には大天井岳や常念岳が、奥には槍ヶ岳や穂高の峰々が並んで見えます。
青空は見えなかったものの、稜線がどこまでも続いて壮大なパノラマが見渡せました。

テント場直下にまだ雪が残っていたため、登山道は小屋の裏に続くようになっていました。
そして、最後の登りを一気に登り切ろうと足元をふと見たら。

夏前の休暇など 107
女王様が待っていてくれました。
コマクサです。

今回の山行に燕岳を選んだ理由のひとつに、“コマクサ”がありました。
梅雨の真っ只中に咲く、健気な花です。
他の植物が生息できない砂礫の急斜面に、一株一株育っているのです。
夏前の休暇など 145

その強さと、美しさからでしょうか…『高山植物の女王』と呼ばれています。
儚いのに、健気。
そんな花に会いたくて、登ってきたのです。

燕山荘を過ぎ、山頂を目指します。
斜面にコマクサを見つけ遠くから見守ります。

山頂までは風が強く、7月とは思えないくらい寒かったです。
けれど、ずっとずっと続く稜線を見ては、いつかは縦走したいと、新たな野望を企んでいました。
夏前の休暇など 132

山頂までは面白い岩がいくつもあります。
花崗岩の性質状風化しやすいようです。
夏前の休暇など 143
めがね岩です。
向こう側が岩の間から覗けます。
燕山荘が見えました。

夏前の休暇など 144
イルカ岩です。
そしてその奥には槍ヶ岳。
見る角度によって、イルカの顔に見えるんです。
しかも、口にはミヤマキンポウゲをくわえていました(笑)

自然の力ってすごくて面白い。
岩を見ながらそう思いました。


夏前の休暇など 148
稜線歩きですっかり体が冷えてしまったので、燕山荘の中に入らせてもらいました。
売店にはたくさんのオリジナルグッズが置いてありました。
艶々に光った廊下に歴史を感じました。


もっとゆっくりしたかったけれど、今にも崩れそうな空を見て、下ることにしました。
登山口まで下り終えたところで、土砂降りに。
でも、雨具を着ずにすみました。
登ってよかった。
今回もそう思える、山歩きになりました。


あれだけ寒かった山頂から一転、下ったその日はチーム涸沢でビアガーデンに行きました。
ビールがとても美味しくて、たくさん飲みました!
夏前の休暇など 159

スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏の3連休 | HOME | 休日の過ごし方~高原編~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。