上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

登山道の状況(6月29日)

1週間以上の長期休暇をもらって、下っていました。
下界はもうすっかり夏ですね。
じっとりと張り付いてくる空気の重さに、梅雨を感じてきました。

休暇中、色んな事があったのですが、そのことはまた後日。

昨日、涸沢に戻ってきてきました。
下った時と山の様子があまりに変わっていてびっくりしました。
横尾~涸沢間の登山道の状況を簡単に紹介したいと思います。


09062901.jpg
屏風岩を眺めながら歩く登山道。
新緑というよりも深緑になってきました。

09062910.jpg
本谷橋の川の流れです。
かなり増水しています。
激しく音を立てながら、水しぶきを上げる沢の水は優しい水色でした。
「雪解けの水は水色なんだって」と以前友達に教えてもらったことを思い出します。

09062912.jpg
本谷橋から上も、こんなにすっかり夏道になっていました。
こちらも鮮やかな緑がとてもきれいです。
花もあちこちで見られ、しんどいながらも楽しく歩くことが出来ます。

09062916.jpg
ミネサクラが咲いていました。
薄いピンクの光に透けた花びらが、儚さを物語っているように見えてきます。
今年最後のお花見になるのかな…そう思いながら立ち止まって見上げてみては、物思いにふけそうになりました。

09062917.jpg
山と残雪と深緑と、分かりづらいけれどミネザクラ。
雨さえ降らなければ、色々見られる最高の季節かもしれません。

09062921.jpg
最後はまだ雪の上を歩きます。
雪解けはどんどん進んでいて、雪面はボコボコになっています。
つまづかないよう、滑らないよう、気をつけて歩いてください。
今までは最後の最後まで見えなかった小屋が、この地点で見えるようになりました。

09062922.jpg
ヒュッテと小屋の分岐も夏仕様の立派な(お馴染みの?)ものになっていました。
夏に向かって、少しずつ準備が進んでいます。

最後の斜面まで戻ってきた時、外作業をしていたみんなが手を振って『早く上がって来い!!』とジェスチャーしていました。
『あぁ、帰ってきた』そう思った瞬間でした。
また小屋番としての生活が始まります。
ひとつでも多くの笑顔に出会えるよう、楽しく頑張っていきたいと思います。


a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<休日の過ごし方~帰省・京都編~ | HOME | ガイド研修 その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。