上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夏に向かって

今日は、甲信越地方でも梅雨入り宣言が出されました。
夏に向かってまた一歩進んだと考えてしまうのは、涸沢にいるからなのかもしれません。


先日、ヒュッテさんと合同で、テント場の受付小屋の設置が行われました。
受付小屋の周りには、まだ6mを越す雪の壁が残っています。
連日雪を掻いて掻いて…顔を出した場所に小屋が建てられました。
テント小屋設置2

今現在は、小屋の周りを覆っている雪壁の上がヒュッテさんと小屋とを行き来する場所であり、テント場です。

だんだん雪が少なくなってやがて地面が顔を出す頃、この受付小屋が活躍し、テント場が賑わうシーズンがやってくるのです。

テント小屋設置1
基礎を作って、梁を立てて、トタンや壁を打ち付けて。
みんなの分業がとてもスムーズで、見学に行った時には、ほぼ完成した姿でした。
ずいぶん雪が解けてきたなぁと思っていても、ここに立って雪壁を見上げると、その高さに圧倒されます。

小屋全景
小屋の周りもずいぶん雪解けが進んできました。
小屋の上部や北穂真下の沢からは、雪解けの水が勢いよく流れ出ています。


雪解けが進むと同時に、落石が多発する季節にもなります。
毎日どこかで転がっている…山を見るたびに増える黒い粒。
けれど、近くで見たらものすごく大きい落石が転がっていることもあります。

落石1
転がるうちに、曲がってそして止まった石。
激しいカーブ跡が、激しさを物語っています。

落石2
落石と言うよりはむしろ、落岩。
一緒に散歩に行ったテンちゃんがよじ登っていました。
この季節は、雪がまだ残っているため雪の上を石が転がっても音がせず、気付かない事があるそうです。


芽吹き
小屋の周りから、緑がどんどん増えてきています。
奥穂へのアプローチになる石段も少しずつ顔を出し始めました。

サンカヨウ
冬期小屋横では、サンカヨウも花を咲かせ、私たちに季節の移り変わりを知らせてくれているようです。


♪おまけ♪
カールの中を歩いていたら、キレイな蝶が息絶えていました。
『ミヤマカラスアゲハ』でした。
どうしてこんなところで?
渡りの途中??
そんな疑問がたくさん出てきました。
ミヤマカラスアゲハ


a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<作って、食べる! | HOME | 海の幸堪能ツアー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。