上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初休暇

涸沢に入ってから初めての休暇で下っていました。

松本は…暑い!
なんでこういう時に限って、気温が上昇して猛暑になっちゃうのでしょうか。
この日の最高気温は32℃でした(ため息)

上高地に居てもこの暑さに閉口していたのに、ますます広がる標高差と温度差。
自分を痛めつけているようにしか思えなかったりします(苦笑)


717.jpg
一緒に下った小屋番仲間とマクドナルドに直行し、ガッツリとお腹を満たしました。
このために頑張ったといっても過言ではないのです。
除雪隊として期間限定で小屋に来てくれていた、カズさんとマッスルとはここでお別れです。
色々ありがとう。
楽しい時間をありがとう。


727.jpg
松本近辺は花盛り。
畑や家庭の庭先に様々な花が咲いていて、散歩しているととても気持ちよかったです。
今が一番いい季節なのかもしれませんね。


738.jpg
そして、山での疲れはやっぱり温泉で。
ザブンと流してしまいましょう。
新緑を眺めながら、1時間は軽く浸かってしまいました。
そして、必ず食べるのが『はんたい玉子』です。
温泉玉子と違うのは、黄身が完熟、白身が半熟。
つるっと温泉から上げたてをいただきます。
742.jpg

友達に会っておしゃべりして、そして、今日、涸沢に戻ってきました。
ヘリの荷揚げで上高地に下っていた、槍ヶ岳山荘と槍沢ロッジの小屋番さんと一緒に途中まで上がったのですが、なんと槍沢のJくんと地元が同じことが判明しお互い大絶叫をしてしまうという、不思議な縁も経験してきました。
この北アルプスでこんなふうに地元人に出会うとは…一気に親近感を覚えました。
ふとしたきっかけで広がっていく縁を大切にしたいと、改めて思いました。


帰る途中で出会った花たちです。

746.jpg
横尾辺りではミネザクラが七分咲きになっていました。
今日は風が強く、枝を大きく揺らしながら、濃いピンクの花びらが一生懸命に耐えているように見えて、健気に感じました。

756.jpg
エンレイソウも大きな葉を広げて日光浴をしていました。
シロバナエンレイソウは見かけなかったので、白い花はこれから見られるかもしれません。

755.jpg
白い可憐な花を咲かせる、ヒメイチゲ。
今年はとてもよく目につきます。
ギザギザの葉っぱに小さな花。
かわいいです。
いつも小さすぎてピントが合わないことが多いので、うまく撮れると嬉しい花です。

758.jpg
そして、ショウジョウバカマ。
斜面に点在していました。
紅色や紫の下を向いた花、長い葉っぱが特徴です。


750.jpg
登る途中、天気が下り坂なのを察してか、アズマヒキガエルがたくさん登山道に出てきていました。
繁殖の季節ですね。
ただ…登山者よりも多いカエルの数にはちょっぴりびっくりしました。


横尾から本谷橋までは、夏道になります。
時々雪の上を歩きますが、問題ないです。
そして植物の芽吹きが見られるので、楽しい道でもあります。
雪解けの水量豊富な川の流れや目の前にそびえる屏風岩を見ながら歩くとあっと言う間に本谷橋に到着します。

本谷橋からは夏道のトレースを歩きます。
ここからは雪の上。
登りが急なところは、ストックなどがあると歩きやすいです。
そして、踏み抜きに注意しながら歩きましょう。

763.jpg
途中からは涸沢の中をひたすら登ります。
ヒュッテが見えたらもうひと息。
小屋は最後までなかなか見えませんが、辛抱強く登ってきてください。
ずいぶんデブリが増えてしまいましたが、まだまだ残雪の多い白く輝く穂高の山々が出迎えてくれます。
スポンサーサイト

小屋番1年生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<山小屋日記 1 | HOME | 本日は、雪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。