上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パウダーでした

木曜、金曜日にかけて、雪が降り続きました。

少々重たいのは季節的に仕方の無いことだけれど、一気に積もった雪に、みんな元気にならずにいられませんでした。

「この雪が2月に降ればよかった」のに。
「今がまだ2月だったらいい」のに。
スキー場の営業終了を週末に控え、今シーズンをここで過ごし携わってきた人はそう思ったのではないでしょうか。

「今日が休みだったらよかった」のに。
「もっともっと滑りたかった」のに。
新雪を目の前にして、そんな想いばかりが雪と共に積もっていきます。
名残惜しい 020


しかしどれだけ『のに』と並べてみても、シーズン終了は明後日で、今日は仕事で…。
現実は目の前にあって、深々と降り続いているのです。
休憩を早い時間にもらって(…と言ってもほとんど働かないまま休憩に突入し)新雪の感触を楽しんできました。

休憩は1時間。
リフトに乗りながら、どのコースを滑るか考えます。
出来ることなら、誰も踏んでいないところ。

そして私が選んだコースは…ヘビーユーザーや地元の人なら知っている『テクニカルコース』です。
鳥居尾根の第6クワットリフトがすでに営業を終了しているので、閉鎖されているコースです。
歩いていかなければならないので、パウダージャンキーしか入りません。
しかし、乗鞍ではジャンキーが多すぎるため、競争になることが多々あります。
板を脱いで、歩きます。
時間が無いので、少々小走り…。

名残惜しい 009
スキーヤーがドロップインしている跡を横目に、もう少しだけ上へ。
両足をしっかり固定したら、深呼吸ひとつ。
テールの先がモコモコモコ…と雪を押しのけます。
そしてだんだんとスピードに乗って…。
あとは、浮遊感が!キター!!
スキーヤーのシュプールが手前に2本付いていたので、それを避けるように奥に奥に滑ります。
雄たけび(?)を上げていたような(苦笑)

あまりに良かったので、時間が無いのにまた登って滑りました。
量(数)よりも質です。

名残惜しい 016
写真は滑る途中で立ち止まって撮ったものですが、手前に写っているのが私の足。
膝下は完全に埋まっています。
パウダーを胸まで浴びながら、2本目も気持ちよく滑り終えました。
感想は…「最高!!!」ただそれだけです。

昼食に訪れた方は「これから営業が始まるんじゃないですか?」
ゲレンデで会った友達は「すっげぇ良かった!」
その他のゲレンデで働いている友達からも「今シーズン1番じゃない?」
そんな感想がたくさん聞けました。

今シーズンはあまりいいゲレンデ状態ではなくテンションが上がらなかったけれど、最後の最後に空から降ってきた贈り物。
間に合ってよかった。
味わえてよかった。
この一瞬の『最高!!』を味わうために、みんなここに集まってくるのですね。
これから先も。


♪おまけ♪
リフトで動物たちに会いました。
クロネコちゃんとパンダちゃん。
名残惜しい 012
スポンサーサイト

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<朝日を浴びる | HOME | なごり雪?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。