上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

春の訪れ

3月に入ってからも、変動的な気候に振り回されてばかりの毎日です。
暖かかったり、寒かったり。
雪だったり、雨だったり。

そして、今日は雪と黄砂がダブルでやってきました。
雪が止んだら、日が射して屋根の雪は一気に融けていきました。
車に積もっていた雪も、どんどん緩んで時々ドサドサと落ちていきます。
そんな車を良く見てみると…茶色い水玉が乾いて模様を作っていました。
黄砂です。
ゲレンデの雪も茶色く染まっていたりして、もうこんな状態なの!?とガックリきてしまいます。
「せっかく天気が良くなっても、これじゃ外に洗濯物干せないね」とそんな会話も耳にしました。


昨日は乗鞍は雪だったのですが、仕事を終え市街地まで下ると雨が降っていました。
国道の途中で見かける温度表示は、6℃を示していました。
こちらの感覚だと、夕方でこの温度は暖かいです。


この季節、私が楽しみにしているのは黄色い花を見つけること。
小さな集落の畑の土手などで見かけることができます。

その花は、キンポウゲ科で「おめでたい」草と呼ばれています。

フクジュソウ 003
フクジュソウ、漢字で書くと【福寿草】です。
北海道から九州で見られるということなのですが、自生しているフクジュソウは信州に来て初めて見ました。
故郷に居た時は、鉢植えを見たことがあるのですがうまく咲かず、実物は見たことがありませんでした。

雪の多い場所で冬を越していて、最初に見る花がこのフクジュソウです。
フクジュソウが咲いているのを見ると、「ああ、春が来たなぁ…」と思うのです。
以前、木曽の御岳山の麓で冬を越したことがあったのですが、その道沿いの畑でもすごくキレイなフクジュソウの群生が見られる場所があり、ポカポカ陽気の下、黄金色の花びらが風に揺れている姿を見てはずいぶん癒されていました。

フクジュソウ 004
フクジュソウは最初は茎が短く、花が地面にピッタリくっついているかのように咲きます。
だんだん茎が伸び葉が茂ってきます。
日が照っていると花が開き、日が無い時は硬く閉ざしてしまいます。

写真を撮った昨日は、雨のおかげで蕾の状態がほとんどでした。
それでも、かすかな光を感じてか、大粒の雨が落ちてくる中で一生懸命花を咲かせているものもありました。
フクジュソウ 005

今度は青空の下で会えるといいな…。

今年も春の訪れをしっかりと感じることが出来ました。
スポンサーサイト

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春の訪れ 2 | HOME | 雪崩講習会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。