上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

燃える燃える!

一昨日のことです。
上高地は、すっかり日が落ちていました。
まだ17時前だったのですが、対岸のインフォメーションセンターまで歩く間、寒くて寂しくて…肩をすぼめて足早に歩きます。

河童橋の上で、ひとりふたり。
写真を撮っている人にすれ違うくらいで、本当に閑散としています。
静かな、上高地です。


同僚が、無線で「夕焼けしてます」と教えてくれたので、窓の外を見ると…すっかり枝だけになった裸のカラマツ林の向こうに、赤く焼けた穂高の姿が見えました。
駐車場からではよく見えないので、川岸まで猛ダッシュ!!

穂高の稜線付近が、西に沈む太陽の光を浴びて、帯状に赤く赤く染まっていました。
これが本当の『夕焼け』なんだと初めて思ったほどです。
はっと我に返って、カメラを出して写真に収めている間に、赤く染まっていた穂高は嘘のように、見慣れたいつもの姿に戻って私を見下ろしていました。
一瞬の出来事でした。
写真にはその姿をはっきり捉えることが出来ませんでした(泣)
夕焼け 009

朝焼けは『モルゲンロート』、夕焼けは『アーベンロート』と言うそうです。
山の言葉で、『モルゲンロート』とはよく聞きますが、ドイツ語なんだそうです。

キツネにつままれたような状態で、しばらくぼんやり浸っていました。
ふと、日が落ちた方(焼岳方面)を振り返ってみたら、今度は空が焼けていました。
うわぁ!…もう、大興奮(苦笑)
誰もいない川岸で、それこそ「わぁわぁ」言いながら、写真を撮っては眺め、撮っては眺め…。
わずか5分足らずの出来事でしたが、寂しかった気分なんてどこへ?
心はほくほく、あったかくなっていました。
夕焼け 020

夕焼け 021

夕焼け 023
1枚も同じ色の空が無いのには驚きました。
本当に本当に燃えるような色と、それでいて静かな凛とした色が混ざっている気がします。

普段はこの時間は、だいたい勤務中です。
なので、夕暮れ時にタイミングよく夕焼けを見るチャンスはなかなかありません。
上高地の7回目の秋。
こんなにステキな、燃える夕焼けを見たのは初めてでした。
なんでこれまで見られなかったのかな…こんな綺麗な空に。

そして、たまたま出会えたこの夕焼け空。
自然の偶然が創り出す美しさとその驚異に感動しました。
もっともっとこの自然の中でいろんな事を知りたいと思いながら、暗くなるまで空を見上げていました。
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<霧氷の朝 | HOME | 赤十字救急法って?>>

この記事のコメント

同じ頃…
私も外へ飛び出して乗鞍を撮っていました!
夕焼けの写真って難しいです。
でも凄くキレイに撮れてますね!
2008-11-13 Thu 17:48 | URL | ガゼル #-[ 編集]
☆ガゼルさん

いつも写真を誉めてくれてありがとう!
恥ずかしいけれど…嬉しいです(*´艸`)

あのタイミングで空を見上げていた人はたくさんいたみたいです。
偶然とそんな不思議な縁を感じさせてくれる自然は、やっぱりすごいですね!
2008-11-15 Sat 07:38 | URL | うみ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。