上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋の上高地散策 右岸編

上高地の河童橋から左岸をおよそ3km(約1時間)歩くと明神館に到着します。
そこから公衆トイレの横を通って歩いていくと、明神橋です。

秋の散歩 002
明神橋からは、明神岳がよく見え、秋の装いでみんなを待っています。
この日は、橋の上で写真を撮っている人や景色を眺めている人がたくさんいて、橋は縦に横にギシギシよく揺れていました。

橋を渡って、梓川の右岸を通って上高地へ帰ります。
2本渡された木道の上を歩いていきます。

秋の散歩 005
明神池から流れ出る水が、木道の下を潜り抜けていきます。
落ち葉が水に浮かび、芸術作品が次々に生まれては流れていきました。
カラマツ落ち葉が作る、水上アートがもうすぐ見られそうです。

遊歩道と治山林道が一緒になる場所があります。
そこには、大人気のモデルさんがいました。
人だかりがすごくて、近づけない…。
そんなモデルさんは、背が高くてそれでいて華奢な…純和風なお方でした。
美しくて綺麗です。
そんなあでやかな姿がこちらになります。
秋の散歩 010

右岸もどんどん葉が落ちて、ずいぶん空が見えて明るくなっていました。
気が付けば、上高地の閉山まで1ヶ月を切ってしまいました。
早いです。
あっと言う間です。
今シーズンやり残したことはないかな…楽しく大切に毎日を過ごしていこうと思います。


♪おまけ♪
河童橋の名物おじさんの油絵です。
少し前までは、開山からGWくらいの限定名物おじさんだったのですが。
去年あたりから、自分の時間が出来たのか、夏や秋にも見かけるようになりました。
朝から夕方まで座って絵を描いたり、絵に興味を持った観光客の方とお話しています。
背中を向けベンチに座っている方が名物おじさんです。
そしておじさんを取り囲むおばさまたち。
秋の散歩 001
スポンサーサイト

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋です、上高地 その3 | HOME | 秋の上高地散策 左岸編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。