上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋です、涸沢 その1

1ヶ月ぶりに、涸沢に行ってきました。
「まだ紅葉のピークには早いんじゃない?」と言われながら…。
いえいえ、ピークになりそうな時にまた改めて行くんです(笑)

台風15号が、沖縄周辺にいました。
また!?…って言いたくなるほど、台風とニアミスです。
休みが(苦笑)
これだけ悪天候に休みがかぶってくると、もう笑うしかないです。

台風と台風の北にある秋雨前線の影響で、天気予報は傘マークのオンパレードでした。

連休が取れても、こんな天気予報を見たら、テントを担いで山へ…行く気にもなれず、かと言って休みを変えられず。
でも、部屋に籠もって休みをゴロゴロと過ごすのも寂しすぎる。
やっぱり山に、涸沢に行こうと決めたのです。

ピークには少し早いけれど、移り行く葉の色を確認するのもいいじゃないかと。
ひょっとしたら、滞在中に晴れるかもしれないし。


9月29日 【1日目】

お昼に涸沢に着けるように、6時半過ぎに出発しました。
いつ降ってもおかしくない、どんよりした雲行き…カッパを着込んで外に出ると、すでに降り始めていました。
折り畳み傘を出して歩きます。

横尾までは、いつものように(?)色んなことを考えながら歩きます。
普段ここまで長い時間、物思いにふけることは無いので、結構貴重な時間だったりします。
…が、今回も雨のせいか、ネガティブ思考が炸裂していました(苦笑)

「こんな時に涸沢に行って、みんなの迷惑にならないかな?」
何を根拠に?と思われてしまいそうな、勝手な悩み事でした。(スミマセン!)

挨拶を交わしながらすれ違うのですが、やはりこれから先の天候を予想して、下ってくる人ばかりです。
すれ違う際、「これから登るの!?」と言われることもありました。
それもそのはず。
強い寒気の影響で、山は初雪、初冠雪でした。

雨は降っているけれど、明神の稜線が見えていました。
最初は、「茶色になってるなぁ」と漠然と見ながら歩いていたのですが、稜線がやけに白く見えます。
ガスが出ているせいかな?雨のせいかな??
と思っていたら、途中で雪だということに気が付きました。
うっすらと山肌に雪が付いている程度だったので、分かりにくかったのです。
「初雪だぁ♪」
それだけで、もうウキウキです。
雪が降ると嬉しくなるのは何故なのでしょう。
秋の涸沢 1 008

横尾を過ぎ、本谷橋までの途中で、前日にチェックアウトされた鳥取から来られたご夫婦とすれ違いました。
「もしかして?」と声を掛けていただいて、ちょっと立ち話をしました。
前日に涸沢で泊まり、北穂へ上がろうと予定していたら、稜線が白かったので引き返したとのことでした。
パノラマコースで涸沢に登ったら、槍も見え紅葉も見れて満足したと。
「またいらしてくださいね。お気を付けて」
そう言って分かれたのですが、優しい笑顔がおふたりともステキで、とても温かい気持ちになりました。
ありがとうございました。

秋の涸沢 1 019
本谷橋に到着しました。
混雑を避けるために設置された橋も、新設された道標も、雨に濡れています。
そして、人が居ない!
これまで何度も通る度に、休憩している人や橋を譲り合って渡る人を必ず見かけていたのに、人影が全くありませんでした。
いくら悪天候でも、この季節、人が居ないことなんて無いでしょう…と思っていたのでビックリしました。

秋の涸沢 1 023
カッパに当たる雨音を聞きながら、涸沢を目指します。
途中で時折明るくなり、顔を覗かせる山々に、淡い期待を抱きます。
けれど、本谷から上の紅葉もまだまだこれからといった感じで、青々としている樹が多くありました。

小屋に着くと、いつもの顔ぶれが笑顔で迎えてくれ、ほっとしました。
「久しぶり!」と言ってくれるみんなの顔を見て、来て良かったなぁと思いました。
スポンサーサイト

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋です、涸沢 その2 | HOME | 実りの秋 1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。