上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鳥の諸事情

上高地にはさまざまな鳥がいます。
その中でも、いつも見られる鳥のちょっとした生活の一部分をご紹介したいと思います。


マガモは越冬するために日本にやってくる冬鳥ですが、上高地では留鳥として1年中見ることが出来ます。
上高地では最も身近な鳥と言ってもいいかもしれません。

P1020449.jpg
こちらは、オスのマガモが逆立ちしながら餌を食べている様子です。
ひっくり返ったりしないのかなと眺めていたら、起き上がりこぼしのように起き上がっては逆立ちして…を繰り返していました。
きっと水の中では、首をうんと伸ばして餌を求めているのでしょうね。


キジバトは夏鳥で、春から秋まで見られます。
すなわち、上高地の開山している間はほぼ見られるということです。
餌を探しながらトコトコ歩いたり、木の上でのんびりさえずったりしています。
人を恐れないので、かなり近い距離でみられる鳥です。

P1020486.jpg
こちらのキジバトは何度追い払っても施設内に入ってきて、外に出してあげようとしたら大暴れして窓ガラスにぶつかり、なんとか救出された直後の様子です。
胸の下や背中からはみ出た毛が、呆然としているであろう様子を物語っています。
しばらくそのまま日光浴をし(途中は陰に移動し)気が付いたらいなくなっていました。

普段は気にしない(気にならない)鳥たちも、時々さまざまな姿を見せてくれます。
今は繁殖の季節。
巣立ったばかりの小さな雛たちがお母さんと一緒に行動する様子が運よく見られることもあります。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。