上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

王ヶ頭まで

今年の夏は天気が安定せず、天気予報と雨雲レーダーが気になってしまう毎日でした。
午後になってぐんと発達した積乱雲が現れるような日はほとんどなく、朝から雨雲ばかりが空を覆う日が続きました。


同僚とゆったりハイキングを計画した7月最終日の天気予報は曇り。
松本の街中から見上げた、これから行こうとしている美ヶ原高原はすでに真っ白。
雲に覆われてしまっていました。

それでもせっかくだから…と雨に降られるのを覚悟して、三城牧場そばの駐車場に車を止め、歩き始めました。
小川のせせらぎが涼しさを演出してくれるオートキャンプ場を抜け、広小場から百曲りコースを登りました。
緩やかなつづら折りの道は明るい樹林帯で、おしゃべりしながら登っていけます。

少し展望がききはじめると、様々な植物があちらこちらで見られるようになります。
トモエソウ、ヒメシャジン、ウスユキソウ、ヤマホタルブクロ、タカネナデシコ、ハクサンフウロなどなど。
花を撮り、景色を眺めて歩いていると、あっという間に稜線が見えてくるようになります。
少し頑張って登れば、あっという間に稜線に出ます。

20140812 (30)
塩くれ場への道を選べば、ゆったりと牧草を食べる牛たちに出会えます。
今回見た牛たちは、まだまだ若い牛でした。
高原の爽やかな風に吹かれながらのんびり過ごす姿は、美ヶ原高原の夏の景色でもあります。
牧場の中をゆっくり歩き、王ヶ頭ホテルまで広大な景色を楽しみながら歩いていきます。

20140812 (42)
こっくり濃いオレンジ色のコウリンカが咲いていて、楽しませてくれました。
時々吹き抜ける風は写真を撮る時は厄介だけど、とても気持ちがいいです。

お昼は、ホテル前のベンチで。
お湯を沸かしてコーヒーを淹れ、ゆっくりおしゃべりしながら過ごしました。

20140812 (41)
空に近い台地は、火山によってできた浸食地形と言われています。
この地形のおかげで、牧場はより広大に見えます。

20140812 (52)
ホテルの裏側に標高2,034mの王ヶ頭があります。
日本百名山でもあるこの山は、景色も抜群です。
御嶽山が一望出来るため山岳信仰の山でもあり、御嶽山の方を向いた神像があります。

ランチタイムをゆっくりしすぎたせいで、上空は雲がもくもく湧いてきていました。
王ヶ鼻までは行かずに、下ることにします。
下りはダテ河原コースを使いました。
下り始めてすぐの斜面には色んな花が咲いていて、さながらお花畑です。

20140812 (57)
優しい色合いのマツムシソウ。
涼しい草原でよく目にするこの花も、真っ盛りでした。

20140812 (66)
花が咲けば、チョウが集います。
たくさんの花にふわりふわりと飛び交うチョウたちがたくさん見られました。

ゆっくり歩いて下ること1時間半。
最後はオニグルミの果実が落ちている道を下って登山口に戻ってきました。

時間に追われない、余裕のあるハイキング。
おしゃべりやランチタイムが予定よりちょっぴり過ぎても大丈夫。
そんな楽しい時間を気の合う仲間と過ごせるのも、このコースの醍醐味です。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

青空の下で

20140822 (57)
昨日の朝の様子です。
こんなに青空の広がった朝を迎えたのは何日ぶりだろう…というくらい記憶をたぐっても久しぶりの、快晴の朝を迎えました。

放射冷却で冷やされ凛とした空気。
真っ青な空と濃く深い森の色。

こんな夏の朝をずっと心待ちにしていた気がします。
体がはっきりと目覚めて、1日が気持ちよく始まりました。

上高地の気の早いサクラの木は、紅葉し落葉し始めました。
カンボクやコナシ、オオカメノキなどの実は少しずつ色づいてきました。
そこだけ見れば、なんだかすっかり秋になってしまった気になります。

夏が終わってしまいそうで、とても名残惜しいです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

岳沢トレッキング

7月最後の週末、企画イベント「岳沢トレッキング」に同行してきました。
この夏一番!と言えるほどの真っ青な快晴を迎えた当日、参加者は時間前に集合しました。
しっかりとストレッチをして身体をほぐし、出発です。

20140727 (1)
河童橋の上から、穂高を眺めながらこれから向かう岳沢の確認をします。
初めて岳沢へ向かう方ばかりだったので、小さく見える岳沢小屋の場所がイマイチ分かりにくい様子でした。
額に手をかざし目を細めながら、一生懸命小屋を探していました。

この日、松本では猛暑日の予報でした。
こちらもグングン気温が上がり、汗をかきながらの登りになりました。
途中にある、天然クーラー「風穴」で一休みし、上高地や稜線が見えるガレ場でもう一休み。
そして、最後の胸突き八丁と呼ばれる踏ん張りどころで小休止…。
初心者さんにも歩きやすいようペース配分は少しゆっくりめでしたが、暑さと上りのしんどさに足取りの重たくなる方もいらっしゃいました。

20140727 (16)
ちょうどいい頃合いのクガイソウに夢中のマルハナバチの後姿。
忙しそうに蜜を集める姿が見られました。
なんだかとってもがむしゃら…こんな姿にふわっと心が解放されます。

小屋までは、クガイソウやハクサンフウロ、タラノキなどお花が真っ盛りのものも多く、雪解け間もない場所では柔らかな緑がいっぱいでした。

暑いけれど、やっぱり青空の下で山を目指すのは気持ちがいい!
膝を怪我してから遠ざかっていた山歩きが再び出来ることの喜びを、ひとり噛み締めていました。

20140727 (26)
岳沢小屋直下の沢からの眺めです。
眼下には登る前に渡った河童橋が小さく見えます。
乗鞍岳の稜線は雲に覆われて見えませんでしたが、まずまずの見晴らしでした。

いつも見上げている岳沢。
そこからの眺めを、参加者たちはどう思ったのでしょう…。

小屋で少し休憩してから、坂本支配人に案内してもらい、第一お花畑まで歩いてきました。
お花畑…言うには少し早すぎたようで、咲き始めた花がチラホラ見える程度でした。

20140727 (33)
そんな中でも一番目についたのはテガタチドリでした。
ハクサンフウロやヨツバシオガマなどがどんどん咲き始めていたので、もう少ししたらきれいなお花畑になりそうでした。
来年の夏には、タイミングを見計らってお花三昧の岳沢トレッキングもいいなぁと思うのでした。

20140727 (43)
お花畑から少し横にそれて連れて行っていただいたのは、コブ沢の雪渓でした。
ひんやりした空気が辺りに漂い、雪渓の下には溶けたばかりの冷たい水滴が滴っていました。
とても気持ちのいい空間に、みなさん大歓声です。
雪を触ってみたり、冷気に顔を寄せたり、水滴に手を持っていったり…真夏の雪をしっかり楽しみました。

お昼ご飯をみんなで食べ、少し早いですが帰路につきます。
名残惜しく写真を撮ったり振り返ったりしながら、元来た道を下ります。

20140727 (52)
途中で見つけたクロクモソウ。
春先にギザギザ縁の丸型葉っぱに出会ってから、ずっと何だろうと気になっていた植物です。
チョコレート色の花をつけていました。

今回の岳沢で、山歩きが解禁になりました。
勝手に…ですけれど(苦笑)
しばらくはハードな行程ではない、ゆったり山行を楽しみたいと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

山歩き日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。