上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

決定的瞬間

上高地にもサクラが咲いて、春がやってきました。
…と思っていたら、ここ数日は気温がグッと上がり、すっかり初夏になったような気がします。
緑の草木がずいぶんと多くなり、花がどんどん開花して、名前を確認するのが追いつかなくなってきました。


職場の窓から見えるところには、ミネザクラの樹が1本あります。
枝が折れて痛々しいけれど、蕾が付いて今にも開花しそうでした。
ところが、いつまで経っても花が咲かないまま…。

そろそろ開花してもいい頃なのに。

そう思って気にかけていたら、サルがエサを探しにやってきました。
サルは迷うことなくサクラの樹に飛び乗りました。
そして次の瞬間!

20140523 021
手を伸ばした先には、開花したばかりの柔らかいミネザクラの花がありました。
それをちぎっては食べ、時には直接枝を口に近づけてパクリ。

これでは、サクラはいつまで経っても咲くはずがありません。
あちこち枝が折れた痛々しい姿は、雪の重みで潰れたのではなくサルが乗っかって花を食べることで折れてしまったようです。

サルを追い払おうと試みましたが、全く気にすることなく花を食べ続けました。
サルと人との知恵比べは、今シーズンも続きそうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

遅れた入山

ゴールデンウィークが明けてから、高速バスを乗り継ぎ電車を使って友人に再会し、久しぶりにマイカーを運転して上高地に入ることが出来ました。
早速働き始めたものの、やはり思うように足が動かず、同僚に迷惑をかけ協力してもらいながら、なんとか仕事をしています。

小さな花を見つける度にしゃがむのに、階段の上り下りに一苦労。
それでも、少しずつ動作がスムーズになってきていることに、回復の喜びを感じます。

20140523 011
入山した今月中旬の河童橋周辺の様子です。
少し新緑はあるけれど、まだまだ寒い感じがします。

入山した時には色が少なかった景色にも、日々緑が増えてきました。
日中の気温が上がるたびに、花の開花も進んでいます。
かと思えば、ぐっと冷え込んで山は再び白さを増していたり。
めまぐるしく変わる景色に、たくさんの感動をもらっています。



♪おまけ♪
6週間お世話になった松葉杖を持って、信州に戻ってきました。
持ち運びが楽なようにと母が結んでくれたのは『幸せの黄色いリボン』でした(笑)
次にこの松葉杖を使う人の怪我が早く治りますように…との願いを込めてくれました。
すごく嬉しくて涙が出そうでした。
20140523 008



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミカンの花の咲く頃

ミカンの花が開花を迎える頃、自宅での生活を終え仕事に戻ることになりました。
窓を開けて過ごすことが心地よい、暖かい日々。
実家に帰ってすぐの頃は1日1日がとても長く感じていたのに、いざ離れる日が近くなると寂しく思ってしまうのは、やはり我が家が一番心地いいからですね。


ponkanaflower.jpg
時々風に乗って、ミカンの花の香りが漂ってきます。
ミカンといってもたくさんの品種があり、画像はポンカンの花です。
ふるさとを離れて生活するようになってから、この匂いをとても懐かしく感じるようになりました。
バラの香りよりもはるかに強く香りが漂うのに、嫌味がなく爽やかです。

20140523 006
庭に置かれた小さなレモンの苗木にも花が咲きました。
薄い赤紫色を帯びた花弁は、ミカンよりもスマートです。
匂いはミカンよりも強く、より爽やかな(酸味のある?)香りです。

20140523 005
モクレンの幹の下に小さなお花畑を作っていたのは、ウツボグサでした。
上高地で知ったこの花。
てっきり標高の高い野や山で咲く花なんだと思っていたら、北海道から九州の温帯に広く分布し日当たりのよい草地に生えることを知りました。

20140523 003
ご主人様にしか懐かない、近所に住むチワワのライちゃん。
いつもいつも吠えられます。
黙っているととても可愛いのに、射程距離に入ると目をひん剥いて吠えてきます。
実家にいる間に手懐けようと思っていたのですが、やはり懐いてくれませんでした。
ご主人様にとって、ある意味最強のボディガードです。

家の周りの小さな発見と、ほんの少しのお散歩が日課でした。
そして約週2回のリハビリと…ゴロゴロ過ごした日々が既に懐かしく思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

故郷の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

成長を祈って

子どもの日は、あいにくの雨降りで1日が始まりました。
少しひんやりとした寒の戻った1日でした。


20140505 006
朝から母が蒸し器をフルに使って、色々作ってくれました。
お赤飯に、お餅にお饅頭。
愛情いっぱいの優しい味でした。
ごちそうさま!!

2014050555.jpg
4月上旬から元気に泳ぐ鯉のぼり。
連なる山々をバックに、悠々となびいています。

元気に大きくなぁれ。
夢いっぱいの子どもたち。
未来に向かって、大きく羽ばたいて欲しいなぁと思う1日でした。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

故郷の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初夏の薫りに包まれて

夏日が各地で観測され、春というよりは初夏に季節が移り変わりつつある今日この頃です。
GWの後半、お出かけされる方も多いのではないでしょうか。
怪我や事故には十分注意し、楽しい思い出をたくさん作ってください。

朝、とても懐かしい友人から電話がありました。
涸沢小屋で働くきっかけをくれた友人でした。
「上高地に着いて、これから涸沢に上がるよ」とのことで、上高地で会えると思って電話をくれたそうです。
電話で話したのは、本当にいつぶりだろう…会えなくて残念だったけれど、小屋であれこれ一緒にやったことを想い出し、懐かしくとても嬉しい気持ちになりました。


春の野菜が収穫の時期を迎えています。
せっかくだからお手伝いをしようと思い、畑に行ってきました。

20140503 017
サヤエンドウは背丈以上に成長し、高い位置でピンクのかわいい花を咲かせていました。
くるくると渦巻く蔓が、あちこちで手をつなぎ合っているようです。

20140503 021
いざ収穫!!
そう思ってハサミを取り出したものの、エンドウたちはまだまだこれからが成長期。
少し早かったようで、出荷するほどの量にはなりませんでした。

太陽をいっぱい浴びて、もっともっとたくさんの美味しいサヤエンドウになりますように。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

故郷の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。