上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

薄紅色の

サクラが散って、山は柔らかい色をした新緑でこんもりとなりました。
窓を開けると、風に乗って草の匂いが部屋いっぱいに広がります。
うっそうと茂った庭木の葉が、木漏れ日を色濃く映しています。

florida2014 (2)
優しい青空に枝を大きく広げて、ハナミズキが満開になりました。
鮮やかな赤みの強いピンク色が目に飛び込んできます。
樹の下から空を見上げると花と葉っぱと空のコントラストがとても綺麗で、なんだかとても気分がすっきりしました。

florida2014.jpg
薄紅色の花は花弁ではなく、苞(ほう)と呼ばれる葉の部分です。
花はこの中の小さく集まっている黄色いものです。
だんだんと日差しが強くなっていく中で、花はより鮮やかに力強く大きく咲いていました。

いよいよゴールデンウィーク突入です。
今日は快晴。
これから天気が下り坂の予報ですが、全体的にはまずまずのお天気に恵まれそうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゆっくり のんびり

快晴続き、時々雨。

新緑がどんどん成長するのにピッタリのお天気が続きます。
天気が良く気温が上がる日は、薄手のシャツで充分です。

こんな日も、部屋でゴロゴロ過ごします。
なーんにもしない。
けれど、気持ちはちっともリラックス出来ない。
そんな状況を知ってか知らずか、通っている整形外科の先生に「焦らずじっくり治しましょう」と釘を刺される始末です。

何もしなくて、気持ちもゆったり…それってどうやってやるんだっけ?
仕方ないので寝ていることが多くなってしまいます。

20140420 011
お手本になるのが我が家のネコ。
ここ最近は寝ていることが多くなりました。
ぐいーんと伸びてアクビをして、毛づくろいをしていたと思ったら、スヤスヤ…。
こんな風に太陽や風を感じて、しばしのシエスタ。

たまにはゆっくり過ごそうよ。

そう教えてくれている気がします。


20140420 020
母が採ってきた沢山のワラビは、アク抜きをして束ねて出荷します。
束ねるくらいは出来るので、ここぞとばかりに手伝います。
期間限定の山の恵みです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

故郷の出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

新年度が始まって

雪融けがぐんぐん進み、4月を迎えました。
3月が流れるように飛ぶようにあっと言う間に過ぎ、気が付けば新年度です。
それも始まって2週間が過ぎてしまいました。


例年であれば、短い休暇を挟み、再び春を待つ信州の山に籠もる生活が始まります。
しかし今年は少し長めの春休みとなってしまいました。

少々無理した(遊びすぎた?)せいで左膝を痛めてしまい、しばらく安静にするようお医者さんから宣告されてしまったのです。
マニュアルの愛車は運転出来ず、久しぶりに高速バスを乗り継いでの帰省となりました。
道中満開だったソメイヨシノは車窓から眺めるだけで終わってしまい、今年はサクラをゆっくりと眺めることが出来ませんでした。

身体は元気なのに安静にしなきゃいけない。
ものすごくいい天気なのに出掛けられない。
小さなギャップに心がついていかず、焦ったり悲しくなったりへこたれそうになったりすることがあります。

今回の自分の怪我で、たくさんの友だちに助けられ励まされました。
病院までの送り迎えを快く買って出てくれたり、バスを一緒に待ってくれたり。
荷物を運んでくれたり、ご飯を作ってくれたり…。
みんなの優しさに胸がいっぱいになって、たくさんのことを感じたり学んだりしました。
元気になったら、自分なりにみんなに還していけたらいいなと思っています。
本当にありがとう。

見知らぬ人にもたくさんの親切をいただきました。
そんな優しさを私は今まで人にしてあげることが出来ていたかと問えば、答えは「ノー」に近いと思います。
相手が重く感じない、スマートな優しい行動が取れたら理想です。
してもらって嬉しかったことを、今度は私から思いやりをもって行動していきたいと思います。


雪に囲まれた生活が終わりを告げる頃、一足先に雪融けを終えた里山の斜面には春を告げる景色が広がります。

春だよー!!
やっと顔出せたよ!

そんな声が聞こえてきそうな、フクジュソウです。

20140414 021
「元日草」「朔日草(ついたちそう)」とも呼ばれる、キンポウゲ科の花が咲き始めると、雪深い山にも春が来たと実感します。
太陽に向かって花を大きく広げ、光でピカピカしています

20140414 024
茶色の枯れ草の間から顔を出したフクジュソウたち。
元気をもらいたくて、松葉杖をつきながら会いに行ってきました。
枯れ草に引っ掛かってヒヤッとしましたが、笑顔になれました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

自分のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。